フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 高尾山へ行こう!Ⅱ | トップページ | 高尾山へ行こう!Ⅳ »

2013年9月30日 (月)

高尾山へ行こう!Ⅲ

山門が見えてきた。

Dscf0345

なかなか立派だ。

Dscf0346

Dscf0347_2 

山門には仁王様がおられるのかと思いきや、四天王のうち増長天と持国天であった。

これはひょっとして、、、

Dscf0348

山門をくぐる途中にでかい天狗様の顔が鎮座されていた。

Dscf0349

Dscf0350

山門の裏側にはやはり、残りの四天王、多聞天と広目天がいた。

Dscf0351

山門をくぐると、すぐに天狗様の像に気付く。

Dscf0352

Dscf0353

この薬王院には天狗様が点在している。何故かと言えば、この寺の本尊は、飯縄大権現であり、その眷属が天狗なのだ。

Dscf0354

おや、並んでますな?

何でも、この穴を通ると、願いが叶うそうだ。

Dscf0355

その向かいは納札堂である。

Dscf0356_2 

こちらは、八大龍王を祀っている。

Dscf0358

こちらの泉で銭を洗い、資本金として家業に専念せよと看板に書いてある。ご利益を書いていないあたりが、味噌である。

Dscf0357

とりあえず、硬貨を洗った。銭洗いといえば、鎌倉のあそこが有名である。

Dscf0359

こっちは縁結びだ。こちらにもお参りした。そろそろ結ばれてもいいんじゃない?

Dscf0360

修行大師様が祀られている。さすが、スーパースターだ。

Dscf0361

上になんか見えるなあ。。。

Dscf0362

この石段を上がると、いよいよ本堂である。

Dscf0363

Dscf0364

境内の案内図には仁王門とあったが、天狗様がおられた。

Dscf0365

本堂である。

高尾山薬王院の寺号は、有喜寺である。一般には知られていない。

真言宗智山派の関東三大本山の一つ(残りはここここ)である。本尊は、薬師如来と飯縄大権現とであり、修験道の道場でもある。

Dscf0366

Dscf0367

天狗様のご尊顔が飾られていた。

Dscf0368

Dscf0369

こっちも天狗様が・・・

Dscf0370

鐘楼に、

Dscf0371

愛染明王に、

Dscf0372

和合歓喜天!?マジで?門扉は固く閉ざされている。やっぱ秘仏なのかな?見てみたいものだ。歓喜天とは男女の象が、ワオーなことになっている像である。

Dscf0374

こちらは大師堂である。修行大師堂とは別にもお堂があるとは、さすが日本仏教界のスーパースターである。

Dscf0375

この願い石に願い事をかけば叶うそうだ。書いてみた。内容は当然・・・

Dscf0377

ここから上に上がる。

« 高尾山へ行こう!Ⅱ | トップページ | 高尾山へ行こう!Ⅳ »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高尾山へ行こう!Ⅱ | トップページ | 高尾山へ行こう!Ⅳ »