フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 新潟慰安旅行(その6:西生寺) | トップページ | 身延山久遠寺・前編 »

2013年8月13日 (火)

難波八阪神社

平成25年1月3日。年が明けた。新年の初詣は恒例と化しつつある、4人組で行く廣田神社であった。毎度のことで微妙な御神籤を引いてしまったが、まあ、いつものことであるので今回は報告しない。

さて、正月も3日目となった閑な日に大阪まで出張ってみた。当初は生国魂神社でも行こうかと思ったが、神社に近付くと、あまりにも人が多いので、やめた。

そこで確かに難波に特徴的な神社があることを思い出した。でんでんタウンに行くついで、詣でてみるか・・・

Dscf0221

難波八阪神社である。やさかさんといえば、京都の八坂神社が有名だが、ここのやさかは字が違う。「坂」ではなく、「阪」だ。ここらへんに大阪の心意気を感じる。

字は特徴的だが、ぱっと見は特に変わった様子は無い。ご祭神も八坂神社系らしくスサノオノなどである。

境内を歩くことしばし、やがて物体が見えてきた。

Dscf0220_2

はあ・・・?

Dscf0218 

これは凄まじいデオチである。舞台が獅子の口の中にある。その名も「獅子舞台」だ。

Dscf0210

ちょうど正月ということで、雅楽?舞が奉納されていた。

Dscf0215

天狗?

Dscf0216

演奏も雅である。

Dscf0217

こういうのは正月くらいしか見れないかもしれない。ちょっと得した気分だ。

Dscf0213

すっかり獅子舞台に夢中になったが、こちらが拝殿+本殿である。

この神社は歴史はあるそうだが、昭和49年に本殿とともに獅子舞台を建ててしまったのだ。

何で建てたんやろうなあ・・・?真面目にやってきたからよ!

Dscf0219

おみくじが充実しておる。

Dscf0208

おお!別の出入り口からだと、獅子舞台が丸見えだ。こんなん道歩いていて見つけたらびっくりするわな。正月のっけからデオチであった。

« 新潟慰安旅行(その6:西生寺) | トップページ | 身延山久遠寺・前編 »

大阪府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新潟慰安旅行(その6:西生寺) | トップページ | 身延山久遠寺・前編 »