フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 新潟慰安旅行(その4:著莪の里ゆめやⅢ) | トップページ | 新潟慰安旅行(その6:西生寺) »

2013年7月18日 (木)

新潟慰安旅行(その5:彌彦神社)

平成24年12月30日。いよいよ大晦日を明日に控えたこの日、我々4人組は彌彦神社にやってきた。

Dscf0171

Dscf0172

彌彦神社は弥彦山を神体としている。弥彦山といえば、かの有名な日本三彦山の一つである。あとの彦山は、兵庫県の雪彦山と福岡県の英彦山である。

式内社にして、越後一宮という大変歴史ある神社である。

Dscf0173

ぎーさんが、彌彦神社といえば、将棋倒しだと言い出した。

そんな事件ありましたっけ?

よくよく聞けば、我々が生まれるずっと前の話(昭和31年元旦)だった。何でも二年参りにきた参拝客が将棋倒しになり、多数の死傷者をだした事件だそうだ。何で、この男はこんなことに詳しいのか?

Dscf0174

おお?この風景いいねぇ。。。

Dscf0175

そういえば、彌彦神社の読み方は、本当は「いやひこじんじゃ」である。しかし、どうしても「やひこ」と言ってしまう。

Dscf0176

Dscf0177

Dscf0179 

そうこうしているうちに楼門が見えてきた。

Dscf0186_2

Dscf0190

楼門前の狛犬。

Dscf0187

Dscf0191

なかなか凛々しい。

Dscf0188

Dscf0189

門神。

Dscf0181

Dscf0182

拝殿である。

Dscf0183

さて、旅の無事を祈願し、来年はいい年でありますように・・・

Dscf0184

神社の向こう側にある山が弥彦山なんですかねぇ。。。

さて、戻るか・・・

Dscf0192

巫女さんやねぇ。。。

Dscf0193

Dscf0196

むむむ!

Dscf0194

馬~!!!

« 新潟慰安旅行(その4:著莪の里ゆめやⅢ) | トップページ | 新潟慰安旅行(その6:西生寺) »

新潟県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。