フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 新潟慰安旅行(その3:著莪の里ゆめやⅡ) | トップページ | 新潟慰安旅行(その5:彌彦神社) »

2013年7月12日 (金)

新潟慰安旅行(その4:著莪の里ゆめやⅢ)

実に満足した晩餐会が終わった。

部屋に戻り、ほっこりする。

ちょいと部屋飲みなどをしていると、ああ、眠くなってきた。けれども、もう一度風呂に行かなければ・・・

くつろげる旅館も考え物である。折角のお楽しみタイムをぐーすか寝てしまう危険性がある。

何とか、風呂から帰ると、ぐっすりと眠ってしまった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

翌朝。

すっきりと目覚めた私は早速朝風呂に行く。やはり早朝の風呂はいいもんだ。。。

風呂のあとはお楽しみの朝食だ。

Dscn0093

う~ん、美味そうである。

私とJINとくっぺちゃんは旅館らしく和食であるが、、、

Dscn0092

ぎーさんは、旅館の和食なんて面白くないと、まさかの洋食を頼んだ。

ぎーさん?強いよねぇ・・・。序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。だけど、オイラ、負けないよ!

Dscn0096 

うほっ!?ぎーさんの卵、美味そうやな!

Dscn0099

こっちは焼き魚で対抗する。

朝も結構満足いく食事であった。

食事を終えて、もういちど部屋でのんびりする。

Dscf0166

TVで七瀬ふたたびの再放送をぎーさんと二人で見ていると、茶JINが茶をいれてくれた。

そうこうしていると、チェックアウトの時間となった。

Dscf0167

玄関の飾りもお正月モードである。

Dscf0168

今日は生憎の雨である。

Dscf0169

門の前で記念撮影を終えると、呼んでいたタクシーに乗り込み、旅館の人に別れを告げる。

ありがとうございました!

今日は少し観光をしてから、帰路に着く予定である。

Dscf0170

最初の目的地の前に酒屋によったが、私は塩麴以外は買わなかった。

« 新潟慰安旅行(その3:著莪の里ゆめやⅡ) | トップページ | 新潟慰安旅行(その5:彌彦神社) »

新潟県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。