フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 別府地獄めぐり(その1:白池地獄) | トップページ | 別府地獄めぐり(その3:鬼山地獄) »

2013年5月 7日 (火)

別府地獄めぐり(その2:金龍地獄(閉鎖中))

白池地獄の向かいに、ちょいと怪しい門がある。

P1090602

金龍地獄という。

P1090603

何と現在、閉鎖中なのである。

かつてはこの地獄も立派な地獄組合の会員であったが、いつの間にか、脱退し、閉鎖されていた。閉鎖中の看板の写真からも分かるとおり、マニア垂涎の地獄なのであるが、残念である。

私はかつてぎーさんとともに中に入ったことがある。中に入ると、でかい阿弥陀像があり、文字通り、龍のオブジェまである怪しさであった。

Kinryu

これが当時(2001年)の画像である。龍が煙(湯気)を吐くその姿はシュールであった。

一応、地獄中もっとも多い湧出量(900kl/日)を誇り、付近の温泉に湯を供給する素晴らしい地獄なのである。というか、今回、閉鎖中の看板を見て、ひょうたん温泉が管理していることを初めて知った。

また、いつか再開して欲しいものである。

ま、閉鎖中の地獄のことはこれくらいにしよう。。。

« 別府地獄めぐり(その1:白池地獄) | トップページ | 別府地獄めぐり(その3:鬼山地獄) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。