フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 別府地獄めぐり(その2:金龍地獄(閉鎖中)) | トップページ | 別府地獄めぐり(その4:かまど地獄) »

2013年5月 8日 (水)

別府地獄めぐり(その3:鬼山地獄)

ワニ地獄こと鬼山地獄にやってきた。

P1090604

P1090605

中に入ると、もうもうと湯気が立ち込めていた。

P1090606

一応、鬼山地獄だけに・・・

P1090607

ん~、何も見えないね。

鬼山地獄は、大正12年から温泉を利用してワニを飼育している。決して、スニゲーターが奥に控えているわけではない。

P1090608

ワニを見る前に、この建物に入る。

P1090609

P1090610

でかい!それもそのはず、何と大正14年生まれで平成8年まで、この地獄で飼育されていたのだ。飼育ワニでは世界一の体長と長寿だったそうだ。名前はイチロウだそうで、何でもお笑いマンガ道場のあの人が命名者だそうだ。

P1090612

いよいよ生きたワニだ!おお、人だかりやね!

P1090617

ちょうど餌の時間だった。道理で人だかりだったわけだ。なかなか迫力がある。

P1090618

何?二代目イチロウとな?

P1090619

なかなか迫力がある。

P1090621

イリエワニですとな?

イリエワニって、確かワニの中で最大になるのではなかったか?子供の頃の図鑑には10mとあった記憶がある。調べてみると、大体5~6mってとこだそうだ。あの図鑑、ガセか?それともかつてはそのぐらい大きいのがいたのだろうか?

P1090620

こちらがイリエワニだ。まだ小さい。今後の成長に期待である。

すっかりワニに興奮してしまったが、ここいらで鬼山地獄を後にする。

あれ?何で鬼山地獄って名前なのかなあ?

« 別府地獄めぐり(その2:金龍地獄(閉鎖中)) | トップページ | 別府地獄めぐり(その4:かまど地獄) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。