フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 高塚愛宕地蔵尊 | トップページ | 別府地獄めぐり(その2:金龍地獄(閉鎖中)) »

2013年4月30日 (火)

別府地獄めぐり(その1:白池地獄)

平成24年11月24日。九州八十八湯めぐりもいよいよフィナーレを迎える、この日、地獄めぐりを楽しんだので、ここに報告する。

別府といえば、地獄めぐりである。知らない人はいないだろうが、別府地獄めぐりとは、奇奇怪怪な源泉群を地獄と称して見物する観光コースである。別府地獄組合という組織に登録されている地獄を観光バスで観光していくのが一般的である。その歴史は相当古く、大正時代にはもうバス観光が行われていたようだ。私は当然、車で廻る。大学のときにぎーさんと一緒に巡って以来だ。楽しみである。

別府地獄組合に所属している地獄は、海地獄、鬼石坊主地獄、山地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄、血の池地獄、竜巻地獄の八つである。最も、血の池と竜巻以外は、鉄輪温泉のエリアに、血の池と竜巻も柴石温泉のエリアに固まっているので、実際には2箇所車で行けば、後は徒歩で回れるのだ。

まずは白池地獄からである。

P1090579

白池地獄は、海地獄、地の池地獄、竜巻地獄とともに、平成21年に国の名勝に指定された。

P1090580

P1090581

白池地獄は、初めは透明だが、温度が下がると、湯が白濁することから、その名がある。

ここだけならば、ただの濁り湯である。

P1090582

密かに一遍上人像がたたずんでいた。

P1090583

人喰魚ピラニア?

P1090584

ここの売りは、熱帯魚館が併設されていることである。

P1090590

P1090589

ピラニアと思いきや、コロソマだった。こいつは確か、木の実とか食うはずだ。決して、人は食わない。

P1090588

でた!人食魚ピラニアだ。ってか、可愛らしいな、、、

私の実家では、昔、ピラニア・ナッテリーを飼育していたことがある。ミシシッピーアカミミガメと一緒に飼っていたが、ある日、カメの足の指が食いちぎられていた。まあ、カメはその後、普通に暮らしていたので、心配なく。。。ピラニアは通常は臆病な魚である。普通に飼える。

P1090591

昔の記憶だと、ピラルクーがいたような・・・と考えていると、まだ先があった。

P1090592

カイヤンだ。東南アジアのナマズですな。

P1090593

でかい水槽にシルバーアロワナと書いてあるので、どんな巨大な魚かと思えば、、、

とても1mはありそうにない。

P1090594

可愛いなあ。。。

P1090595

ピラルクーはまだか?

P1090596

待ってました!いよいよピラルクーだ。

P1090597

アマゾンの大王魚ピラルク!ご存知、世界最大級の淡水魚だ。

P1090598

ん?

P1090599

どうみても、幼魚やな。。。

P1090600

剥製もあるよ!

P1090601

地獄はきれいだが、水族館は・・・

このチープさがマニア心をくすぐるのであった。

« 高塚愛宕地蔵尊 | トップページ | 別府地獄めぐり(その2:金龍地獄(閉鎖中)) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。