フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 九州温泉修行ⅩⅧ(筌の口温泉、筋湯温泉、赤川温泉、天ヶ瀬温泉) | トップページ | 九州温泉修行ⅩⅩ(鉄輪温泉、明礬温泉、別府温泉)並びに別府湯巡りⅠ(鉄輪温泉、柴石温泉) »

2013年4月 8日 (月)

九州温泉修行ⅩⅨ(明礬温泉、亀川温泉、浜脇温泉)

平成24年11月18日。いよいよゴールが見えてきた九州温泉修行である。残す11箇所は別府で消化する。今回は別府の第一弾である。

まずは明礬温泉である。実は以前、明礬湯の里を訪問しているが、今回はその他に登録されている2軒を廻る。

P1090560

まずは豊前屋旅館(No.78)である。

旅館の中に入ると、ちょうど昼に宴会があるらしく、忙しそうにしていたが、親切に対応してくれた。

風呂は内湯のみで、小さいが、とにかく泉質がいい。程よい硫黄臭が温泉に入ったという充実感を誘う。他に客もおらずゆっくりできた。ただ、少し熱かった。

P1090562 

続いて、さわやかハートピア明礬(No.79)である。

P1090563

浴場には、この遊歩道を歩かなければならない。

P1090564

奥に進むと、浴場の棟がある。中は一見、内湯のみに見えるが、小さな入り口があり、外の露天にでることができる。

P1090565

今度は少し移動して、海岸にやってきた。亀川温泉から別府海浜砂湯(No.80)にやってきた。ある意味、別府の名物になっている、海岸にある砂湯である。

受付に行くと、ちょうどもうすぐの番で入ることが出来た。順番になり、浴衣をもらうと更衣室で裸になり、浴衣を羽織る。

P1090566

外に出ると、砂をかけてくれるご婦人方が待っていた。砂場に寝そべると、上から砂をかけてくれる。砂は温泉を含んでいるので、とっても温かいが、重い。

顔は涼しいので、いい塩梅である。眠くなってきたら、あっという間に終わった。砂が取り払われると、汗なのか体がびしょ濡れである。それが潮風に吹かれると、確実に体温を奪う。凍えながら、内湯に入り、温まった。

続いて、同じく亀川温泉から四の湯温泉(No.81)であるが、どこやねん!

さっぱり分からず、うろうろしていると、

P1090567

公園の向こうにあるのが怪しい!

P1090568

やはりここだった。少し分かりにくいのだ。

P1090569

何ともレトロな雰囲気のある浴場である。

中に入ると、一層レトロである。脱衣場と浴室が一体のスタイルで、注意書きとか見ていると面白い。湯は単純泉の柔らかいお湯である。照明も少なそうで、夜はどんな雰囲気なのか、興味をそそられた。

P1090570

最後に浜脇温泉の茶房たかさきの湯(No.82)である。

ここはその名のとおり喫茶店である。したがって、喫茶をする必要がある。そのおまけで風呂に入らせていただくのだ。ちょうど一服したかったので、ちょうどいい。お店のオーナーはかなりの温泉マニアで色々話をしてくれた。ここで、盛んに別府八湯温泉道を薦められた。別府八湯温泉道は、九州温泉道の元祖ともいえる企画である。別府市の観光協会が主催のスタンプラリーで、88箇所の温泉施設に入浴するものである。

オーナーの熱心な勧誘により、こちらもスタートする羽目になった。別府八湯温泉道の記念すべきNo.1はここ茶房たかさきとなった。

P1090571

お茶で休憩した後は、風呂である。

まさしく、お宅のお風呂借りますよノリである。お湯は単純泉で柔らかかった。当然貸切状態であるので、ゆっくり入ることが出来た。非常に面白い体験であった。

今回の修行はここまでである。次回はいよいよグランドフィナーレである。

« 九州温泉修行ⅩⅧ(筌の口温泉、筋湯温泉、赤川温泉、天ヶ瀬温泉) | トップページ | 九州温泉修行ⅩⅩ(鉄輪温泉、明礬温泉、別府温泉)並びに別府湯巡りⅠ(鉄輪温泉、柴石温泉) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。