フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« マチュピチュへの誘いNY特別編(その5:メトロポリタン美術館(ちょっとだけ・・・)) | トップページ | マチュピチュへの誘いNY特別編(その7:自由の女神(遠景)、そして帰国) »

2013年3月27日 (水)

マチュピチュへの誘いNY特別編(その6:グランド・ゼロとウォール街)

いったん、ホテルに戻るとチェックアウトした。ホテルの手荷物預けに荷物を預けると、最後の悪あがきで街にくりだした。

Dsc01157

Dscf0131

とある工事現場にやってきた。

Dscf0132

Dscf0134

いかにも愛国心をそそりそうな星条旗が掲げられたこの場所は、9.11の現場である。現在、ビルを再建中である。

Dscf0135

空き地の隣には、立派なビルが立ち並ぶ。

Dscf0136

Dscf0137

Dscf0138

記念碑を見に行こうかと思ったが、長蛇の列で諦めた。

Dsc01168_2 

ふと歩いていると、アメリカ証券取引所があった。この近くはウォール街である。いよいよ経済の中心地にやってきた感じがする。

Dscf0144

工事中ながら、やたら目立つ、尖がった建物は、トリニティ教会である。

Dscf0143

Dscf0142

Dscf0140

見事なステンドグラスだ。

そして、いよいよウォール街へ。

Dscf0145

Dscf0147

ニューヨーク証券取引所である。これぞ世界の経済の中心である。ニュースでよく見るところに来たせいか、私とJINは異様にテンションが上がった。

Dscf0149

すぐ近くには、フェデラルホール・ナショナルメモリアルがある。元々ニューヨーク市庁舎であったが、その後、連邦政庁となったところである。何でも初代大統領ワシントンは、ここのバルコニーで就任宣誓式を行ったそうだ。

Dscf0150

Dscf0151

ご覧のように、休日にも関わらず、人が多いのは、我らのようなおのぼりさん観光客のせいである。

Dscf0152

Dscf0153_2

最後にニューヨーク銀行である。

すっかり、興奮しきってしまい、やり手の証券マンになったつもりの私であった。ブルース・リーの映画を見て、あちょーとか言い出すのと同じである。

« マチュピチュへの誘いNY特別編(その5:メトロポリタン美術館(ちょっとだけ・・・)) | トップページ | マチュピチュへの誘いNY特別編(その7:自由の女神(遠景)、そして帰国) »

米国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マチュピチュへの誘いNY特別編(その5:メトロポリタン美術館(ちょっとだけ・・・)) | トップページ | マチュピチュへの誘いNY特別編(その7:自由の女神(遠景)、そして帰国) »