フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« マチュピチュへの誘いNY特別編(その4:セントラル・パーク) | トップページ | マチュピチュへの誘いNY特別編(その6:グランド・ゼロとウォール街) »

2013年3月25日 (月)

マチュピチュへの誘いNY特別編(その5:メトロポリタン美術館(ちょっとだけ・・・))

セントラル・パークを突き抜けて、メトロポリタン美術館までやってきた。

Dscf0129

Dscf0130

まだ開館前だというのに、列が形成されていた。特別展があるわけでもないのに、この状態だ。恐るべしMET!

やがて、開館の時間となった。

Dsc01137

いよいよ美術鑑賞の時間であるが、なにぶん今回は時間がない。本当ならば、1日かけてゆっくり見たいところだが、かなりの飛ばし見を強いられることになった。この無念は、またいずれリベンジを果たすまで、晴れることはないだろう。。。

今回はめっさ有名なのだけをピックアップしてみる。

Dsc01138

まずはフェルメールだ。「水差しをもつ若い女」という絵だ。フェルメールならではのウルトラマリンが目を引く。

Dsc01139

こちらもフェルメールの「若い女の肖像」である。

フェルメール好きのJIN氏は熱心にご覧になられていた。

Dsc01140

こちらのアル中っぽいおっさんの絵はレンブラントである。しかも「自画像」である。この同じ構図の自画像は、色んなところで見た記憶がある。

フェルメールと同じくらいレンブラントの好きなJIN氏は、またも熱心にご覧になられていた。

Dsc01145

こちらはスーラだ。同じ構図の「グランド・ジャット島の日曜日の午後」というシカゴ美術館Ⅱある絵がとても有名だ。点描で描かれており、何とも味わい深い。

Dsc01147

こちらも有名なゴッホの「麦藁帽子の自画像」である。私はアルル時代のゴッホの絵が好きだ。この絵はアルルに旅立つ直前の絵ということで、希望にあふれた目をしている。

Dsc01149

ほんでもって、これが絶望の果てである。サン・レミ時代に描いた「糸杉のある麦畑」だ。この後、どんどん糸杉がうねってくる。こうなると、私にはついていけない世界になる。

Dsc01150

こちらはルノワールだ。この他にもルノワール作品がある。

Dsc01152

他にも凄い画家の絵がたくさんあったが、かなり飛ばしてみてしまった。この恨み晴らさで置くべきか・・・ヽ( )`ε´( )ノ

Dsc01153

Dsc01154

最後に日本の仏像のコーナーを。寺のお堂を再現した造りになっており、なかなか見せるのが上手いなあと感じた。

何とも無念であるが、かろうじてミュージアムショップで図録を買って、外に出た。

Dsc01155

さてさて、いったんホテルに帰って、チェックアウトの後、もう一度散策してみようかね。。。

« マチュピチュへの誘いNY特別編(その4:セントラル・パーク) | トップページ | マチュピチュへの誘いNY特別編(その6:グランド・ゼロとウォール街) »

米国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マチュピチュへの誘いNY特別編(その4:セントラル・パーク) | トップページ | マチュピチュへの誘いNY特別編(その6:グランド・ゼロとウォール街) »