フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« マチュピチュへの誘い(その30:ワイナピチュⅢ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その32:マチュピチュⅩⅡ) »

2013年2月 5日 (火)

マチュピチュへの誘い(その31:ワイナピチュⅣ)

ワイナピチュを下山する。

Dsc00833

なかなかおっかなびっくりだ。

Dsc00835

Dscf9870

貯蔵庫が見えてきた。

Dsc00837

上から見た様子。

Dscf9871

こっちが入り口だ。

Dscf9872

入り口の枠がちょうど額のようになり、風景画でも見ているような気がしてくる。

Dscf9873

しかも、その風景は絶景である。

Dscf9874

矢印の方向が帰り道のようだ。

Dscf9875

Dscf9876

Dscf9878

マチュピチュが遥か下に見えた。

見ろ!人がごみのようだ・・・

Dsc00845

Dsc00846

こんなことしてた欧米人がいたので、真似してみた。

地球のみんな、オラにちょっとだけ元気を分けてくれ~~~!!!

Dscf9879 

おお!?これ降りるのかしら?

Dscf9880

Dscf9881

茶人もおっかなびっくり降りる。ちなみに私はへっぴり腰である。

Dscf9883

おいおい!いいのかい?こんなところ降りちまって・・・

Dscf9884

さすが旅人、ロープの握り方が様になっている。

ふぁいとぉぉぉぉおおぉ!いっぱあっつつつつ!!!

Dscf9885

無事降りれてよかったね。

Dscf9886

なかなか険しい岩肌だ。

Dscf9887

Dscf9888

登るのは苦労したワイナピチュだったが、降りるのは一瞬だった。

さっきまで、あの頂に居たのだなあ。。。

Dscf9889

あと、出口に向けてひたすら歩くだけである。

Dscf9890

Dsc00861

やれやれしんど・・・

Dscf9891

お!出口やん!

Dscf9892

ここで降りてきた証明にサインする。

Dscf9893

入山時に自分で記入したところにあるサインの欄にサインをして、終了だ。

Dscf9894_2

おつかれちゃ~ん!これにてワイナピチュは終わりである。

今回は時間の都合でいけなかったが、本当はさらに奥に月の神殿がある。時間のある人は行ってみてはいかがだろうか。

ああ、、、これはひょっとして悔いが残る?

生涯の中で、再びこの地を訪れる日がくるのだろうか?

Dscf9896

さらば!ワイナピチュ!

« マチュピチュへの誘い(その30:ワイナピチュⅢ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その32:マチュピチュⅩⅡ) »

ペルー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。