フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« マチュピチュへの誘い(その31:ワイナピチュⅣ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その33:アグアスカリエンテス~クスコ) »

2013年2月12日 (火)

マチュピチュへの誘い(その32:マチュピチュⅩⅡ)

ワイナピチュから下山した。列車の時間まで少しある。もう一度、マチュピチュを目に焼き付けておこうということになった。

Dsc00868

見張り小屋のある高台まで登るのが、やはり上策であろう。

Dsc00869

マチュピチュ遺跡を歩く。

Dsc00870

Dsc00872

Dsc00873

途中で何人もの観光客とすれ違う。

まだ君たちはマチュピチュを廻っていないのかい?

私たちはすっかり堪能してしまったよ。

何故か、優越感に浸る。ただの馬鹿である。

Dsc00874

少し高い位置まできたが、まだまだ上を目指そうぜ!

Dsc00875

段々畑がいかす。

Dsc00876

見張り小屋が見えてきた。

Dsc00877

まだまだ上を目指す。

Dscf9899

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

これぞ、マチュピチュである。何回言ったか忘れたが、感動モノの絶景である。大事なことだから2回言うくらいでは気がすまないのである。

これは、裸眼でも見ておかなければっ!

眼鏡を外しながらつぶやいた。

しかもJIN氏に聞かれた。

JIN:今動画撮っとーで!

記録されてしまいました?(/ω\)ハズカシーィ

Dsc00884

さてと、、、帰るとするかね? 

Dscf9900

トカゲ発見!

Dscf9901

このトカゲの名前分かる人、情報求む!

Dsc00886

Dscf9902

マチュピチュの出入口まで戻ると、シスター数人がちょうど入ってきた。

Dsc00888

全てをやり遂げた男たちはソフトクリームを頬張る。

こうして、とうとうマチュピチュ散策が終わってしまった。

名残惜しい気分になりながらもバスに乗り込み、下山する。

Dsc00891

預けておいた荷物をホテルまで取りに戻ろうと線路沿いを歩く。

Dsc00892

列車が通過するようだ。

Dsc00893

世界の車窓からのテーマソングが脳内で再生される。

Dsc00894

通り過ぎていった。。。

Dsc00895

あっちはアグアスカリエンテスの駅だ。列車が見えた。

Dsc00896

ホテルまで戻ってきた。

荷物を受け取ると、トイレに行ったロビーのソファーに座った。隣は怪しくギターで歌う、謎の男だが、あえて気にしない。

Dscf9907

むしろ私の関心事は、ソファーにとまっていた蛾と、

Dscf9908

蝿であった。

Dsc00897

さて、駅に向かおう。

Dsc00898

Dsc00899

駅までやってきた。ここからクスコ・ポロイ駅まで列車に乗って移動するのである。

« マチュピチュへの誘い(その31:ワイナピチュⅣ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その33:アグアスカリエンテス~クスコ) »

ペルー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。