フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« マチュピチュへの誘い(その34:クスコにて高山病に罹患する) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その36:ケンコー) »

2013年2月20日 (水)

マチュピチュへの誘い(その35:タンボマチャイ)

タンボマチャイにやってきた。

Dscf9940

Dscf9913

ゲートをくぐると、アルパカと戯れるお婆さんが見えた。ちなみに手前の標識は、標高3,765mと示している。富士山より10mほど低いだけである。誰や!?こんなところに遺跡造ったんわ!

Dscf9914

しばらくはなだらかな坂道を登っていく。

Dscf9915

こんな過酷なところでも木が生えている。ここらの森林限界って、どのへん?

Dscf9916

あれらは鶏のようだ。

Dscf9917

そろそろ遺跡っぽい石組みが見えてきた。

Dscf9918

傾斜がややきつくなってきた。空気が薄いせいか、息が弾む。絶体絶命のJIN氏は青い顔をしながら、ゆっくり歩いていた。こうなると、根性ものである。

Dscf9919

水が湧き出ているところが出現した。

近付いてみた。

Dscf9920

あれれ?

Dscf9921

凍ってますやんかー!?

今朝はかなり冷え込んだそうだ。氷点下だったのだろう。

Dscf9923

Dscf9924

Dscf9925

いよいよ、最奥部の遺跡のメインにやってきた。

Dscf9927

タンボマチャイとは「休憩するところ」という意味だそうだ。やんごとなき方が行幸の際、立ち寄る宿泊所とされている。宗教的儀式に答えられるよう、4段の沐浴場が設置されている。下の2段は、なんとプレ・インカ時代の遺構だそうだ。

Dscf9928

Dscf9929

この流れる水の源については、実はよく分かっていないそうだ。一説では、サイフォンの原理を利用して、水を何処かから引いてきているとのことだ。

Dscf9930_2

見事な遺跡である。クスコ近郊の遺跡は、植民地時代にスペイン時代に壊されたものが多いが、ここは変なところにあるせいか、壊されず、非常に状態がよい遺跡となっている。

それにしても空気が薄い。立ちくらみがする。何と、ここまでくれば、富士山より高いのだ。富士山より上に建物があったのだ。恐るべし、ペルー。

Dscf9931 

沐浴上の反対側の斜面にも、遺跡がある。こちらは見張り台とされている。

さて、そろそろ戻ろう!

Dscf9932

なんか広げてはる。マーケットのようだ。

Dscf9933

道中の木。

Dscf9936

こんな葉っぱなのだ。

Dscf9938

入り口付近の案内図。

« マチュピチュへの誘い(その34:クスコにて高山病に罹患する) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その36:ケンコー) »

ペルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マチュピチュへの誘い(その34:クスコにて高山病に罹患する) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その36:ケンコー) »