フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« マチュピチュへの誘い(その33:アグアスカリエンテス~クスコ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その35:タンボマチャイ) »

2013年2月18日 (月)

マチュピチュへの誘い(その34:クスコにて高山病に罹患する)

「高山病」とは、、、

低酸素状態に置かれたときに発生する症候群。高山では空気が地上と比べて薄いため、概ね2400m以上の高山に登り酸欠状態に陥った場合に、さまざまな症状が現れる。 主な症状は、頭痛、吐気、眠気(めまい)である。(Wikipediaより抜粋)

マチュピチュではしゃぎすぎたつけを払う羽目になってしまった。

私とJIN、二人ともクスコで高山病を発症した。頭痛と吐き気がすごい。立ち上がる気力もなく、ベッドで項垂れるままであった。そのまま寝てしまったが、途中、あまりの息苦しさに起きた。これはつらい。しかも、掛け布団がやたら重く、これがまた息苦しさを助長しているらしかった。ちなみに、吐き気がやばぞーで、深夜にトイレで吐いてしまった。半分意識が朦朧とする中で、JIN氏も苦しそうにしている気がした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

そうして、夜が明けた。

平成24年8月30日。

あるときを境にすっと眠りに落ちた私は何故か回復を感じた。これならいける?

微かな希望が湧いてきた。ためしにシャワーを浴びてみよう。今ならいけそうな気がする。

・・・・~ん、すっきり!

すっかり回復したようだ。

これならばJINも・・・

・・・へんじがない。ただのしかばねのようだ・・・

あっ、反応があった!

完全にグロッキー状態であった。

私は何とか回復したが、JINは駄目だったようだ。

朝食を食べる元気がでた私は、朝食をとりにホテルのレストランまで行くことにした。JIN氏にもおそらくムリだろうが、声をかける。JIN氏は食べなければ、体が余計にきついと思ったのか、根性で一緒に来た。

ホテルのブッフェ形式の朝食を食べる。お!この肉団子美味いね!

JIN氏も興味をそそられたのか、食べた。

そして、そのまま悶絶した。

JIN氏はパクチーが嫌いである。そのパクチーが調子の悪い胃袋に収められたのだ。まあ、そりゃきついであろう。。。

結局、JIN氏は少ししか食べられなかった。

本日はクスコ周辺の遺跡巡りとクスコ市街の観光が予定されている。

Dsc00934

ロビーでガイドを待つ。JIN氏は藁をも掴む思いで、コカ茶を飲む。私も飲んでおこう!

やがて、ガイドが来て、車に乗り込む。ここでもJIN氏悶絶もののイベントが待っていた。

さあ、JIN氏絶体絶命!このあとどうなる!?次回から地獄のクスコ観光編なのである。

« マチュピチュへの誘い(その33:アグアスカリエンテス~クスコ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その35:タンボマチャイ) »

ペルー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。