フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« マチュピチュへの誘い(その20:マチュピチュⅤ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その22:マチュピチュⅦ) »

2013年1月12日 (土)

マチュピチュへの誘い(その21:マチュピチュⅥ)

遺跡探索は続く。

Dscf9613_2

Dsc00516

毎度!

Dscf9614

ワイナピチュが聳え立っていた。

Dscf9619

視界が開けた。広場か?

Dscf9616

Dscf9618

アキレス腱を伸ばす人

Dsc00525

Dscf9620

Dscf9621

向こうに見えるのは、さっき行ったインティワタナの高台か・・・

Dscf9622

この辺が、3つの入り口の家のはずだ。でっかい家で近くだと、何が何だかよく分からない。

手芸やキープを教えていた建物だそうだが、そんな証拠あるのか?

Dsc00533_2

Dscf9624

やや!?

Dscf9625

ウサギ?

Dscf9626

すげー!こんなところで野ウサギに逢えるとは!

あまりの興奮に下からあおる構図で撮ろうと、地面に這いつくばってキャメラを構える私・・・

そこへ欧米系の男性がやってきて、変な東洋人に苦笑いしていた。

やがて、ウサギに気付くと、同じく興奮していた。すごいよ、ウサギは!

Dscf9628

ほな、そろそろ先に進みまひょ!

Dscf9629

謎の隙間研究家JINが好みそうな隙間が続く。

Dscf9630

Dscf9631

おりょ?こんな所にリャマの糞が・・・

Dscf9632

Dscf9633

Dscf9634

Dscf9635

怖!この階段。

Dscf9636

Dscf9637

見晴らしのいいところで、いったん筆を置く。前回、リャマのことしか書かなかったことを全く反省せず、今回も野ウサギとリャマの糞にスポットを当ててみた。そして、マチュピチュの記事はどこまで続くのか・・・。次回へ続く。

« マチュピチュへの誘い(その20:マチュピチュⅤ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その22:マチュピチュⅦ) »

ペルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マチュピチュへの誘い(その20:マチュピチュⅤ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その22:マチュピチュⅦ) »