フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« マチュピチュへの誘い(その25:マチュピチュⅩ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その27:マチュピチュⅩⅠ) »

2013年1月24日 (木)

マチュピチュへの誘い(その26:マチュピチュ村散策)

帰路に着くため、バスに乗り込む。

Dsc00645

Dsc00646

麓のマチュピチュ村に戻ってきた。

Dscf9734

いったん、ホテルに戻る。というか、チェックインする。

Dscf9735

ホテルに着くと、フロントでチェックインをし、預けていた荷物を受け取った。

Dsc00647

部屋に入った。なかなか落ち着いた雰囲気である。スカイフィッシュのように、高速で動く男がいるが、別に怪奇現象ではない。

Dscf9738

逆方向からも一枚。

Dscf9736

Dscf9737

窓の外は川である。いいじゃないですか!

しばし休憩した後、晩御飯を食べようと、村に繰り出した。

Dscf9739

パチャクティかな?広場に、何か、インカっぽい人がおられた。

Dscf9740

広場の奥には、教会があった。教会の横には、郵便局があった。いつものように、JIN氏が郵便を出すことだろう。

Dscf9743

この坂が、マチュピチュ村観光のメインストリートだ。

Dscf9744_2

Dscf9745

今宵は、ここで食べることにしよう。。。

Dsc00658

なかなかいい雰囲気のレストランだ。この店の従業員が、我々を日本人と見るや、話しかけてきた。何でも、この人の奥さんが日本人だそうだ。そして、何故か日本製腕時計の自慢をしてきた。

料理は、鱒の料理と、あのクイを頼んだ。

Dsc00659

まずは、乾杯だ。乾杯の酒は、ピスコサワーである。ああ、飲みやすいけど、きっついなあ!

Dsc00660

向かいのホテルでは日本人ツアー客らしき団体がロビーを占拠していた。これから、添乗員に連れられて、ご飯を食べに出かけるのだろう。。。団体行動が苦手な私には、とても出来ない旅である。やはり、専属添乗員JIN氏との二人旅が自由度が高く、楽しい。

Dsc00661

鱒がきた。パイナップルソースが微妙で、何とも微妙な味である。

Dsc00662

そして、クイである。

Dscf9253

Before

何と言うことでしょう!あんなに愛くるしかった姿が、、、

Dsc00663

After

今では、黒焦げ死体に早変り。愛らしさの欠片もありません。おまけに歯をむき出しており、断末魔の表情を見せている。

臭いはあまりなく、味はやたら塩辛かった。これは味付けが良ければ美味しいのかもしれない。

Dsc00664

Dsc00665

それにしても、このブサイクな人参オブジェは何なのだろう?

途中で、欧米系の女性が写真を撮らせてくれといってきたので、許可したが、正直可愛いとは思わない。

???

あれ?

おかしいぞ!?

ひょっとして、酔ってます?

気がついたら、泥酔していた。

ピスコサワーをおかわりしたのが、間違いであった。

おかげであまり食べることも出来ず、JIN氏に怒られた。

何だか、とってもいい気分になって、レストランを出た。まっすぐ歩けない。

ちなみに駅前の橋の上を歩いた記憶はあるが、次の記憶はホテルの部屋である。

一応、しっかりしているつもりの私は、JINが立て替えたお金を払うことにした。

はいはい、40ドルね。。。

20ドル紙幣を2枚渡す。

そして、ベッドで撃沈した。

翌朝起きると、JIN氏が苦笑いしていた。

何でも昨夜渡したお金は、30ドルだったとのこと。あれ?1枚、10ドルやった?

いつも冷静沈着、歩くクールジャパンと言われる私には、非常に珍しいお酒の失敗の話であった。私の後輩のクリークに落ちた話に比べれば、可愛らしく、あんまり面白くない話である。

次回は、もちっとマチュピチュがあるぞい!

« マチュピチュへの誘い(その25:マチュピチュⅩ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その27:マチュピチュⅩⅠ) »

ペルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マチュピチュへの誘い(その25:マチュピチュⅩ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その27:マチュピチュⅩⅠ) »