フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« マチュピチュへの誘い(その23:マチュピチュⅧ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その25:マチュピチュⅩ) »

2013年1月19日 (土)

マチュピチュへの誘い(その24:マチュピチュⅨ)

マチュピチュもいよいよもうすぐで一回りする。

Dsc00589 

Dscf9689

16の水汲み場にやってきた。

Dscf9690

ご覧のように、細い長い水路が流れており、

Dscf9691

Dscf9692

Dscf9693

実に16もの水汲み場が、点在する。マチュピチュでの生活にとって、生命線となる。

Dscf9694_2 

水汲み場の傍らには、 ワイナラ(準備室)がある。近くに太陽の神殿があるので、儀式の準備などに使われたのだろうか?

Dscf9695

この水路、なんか面白いな。。。

Dsc00600

太陽の神殿と陵墓にやってきた。

Dsc00601

馬鹿でかい石の上にある、局面の壁の建物が太陽の神殿である。この局面の壁を持つ建物は、マチュピチュではここだけだそうだ。

Dscf9698

下の石には洞穴がある。これが陵墓だ。

Dscf9696

階段みたいなのがある。

Dscf9697

ハイラム・ビンガムがミイラが収められていたんちゃうん?と言ったのが、その名の由来だが、実際にはミイラは見つかっていない。

いずれにしろ、神聖な場所だったような気がする。

Dsc00602

陵墓の上、太陽の神殿の裏側にやってきた。それにしても右側の壁の石積みきれいなあ。。。

Dsc00603

Dsc00604

Dscf9703

こちらは王女の宮殿と呼ばれる建物だ。

Dscf9704_2

Dscf9705

旅人は、ベストショットを撮るのに忙しい。

Dscf9707

Dsc00605

太陽の神殿の裏には、第1の水汲み場がある。

Dsc00606_2

16の水汲み場まで戻ってきた。

« マチュピチュへの誘い(その23:マチュピチュⅧ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その25:マチュピチュⅩ) »

ペルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マチュピチュへの誘い(その23:マチュピチュⅧ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その25:マチュピチュⅩ) »