フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« マチュピチュへの誘い(その16:マチュピチュⅡ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その18:マチュピチュⅣ) »

2012年12月13日 (木)

マチュピチュへの誘い(その17:マチュピチュⅢ)

いよいよ神聖なエリアに入っていく。

Dsc00435

Dsc00436

Dsc00438

こうやって、切り立った崖を見ると、よくぞこんな所に街を作ったものだと感心する。

Dsc00439

そういや、マチュピチュの説明を全く書いてなかった。興奮しすぎである。

マチュピチュは、1911年にハイラム・ビンガムによって発見されたインカの遺跡である。15世紀のもので、パチャクティによってつくられたと言われている。とにかく変な山のてっぺんに街がある。インカは、高地の民である。ここマチュピチュから先は、熱帯雨林に入る。高地の人間が熱帯雨林地方を征服したという、モニュメント的な意味もあったのかもしれない。

インカの中ではちょっと特別な街だったことは確からしい。。。

まあ、要するに謎ということだ。

Dsc00440

Dscf9529

野の草花を愛でる。

Dsc00442

Dsc00443

まずは神官の館である。

Dsc00444

特に何もない。神官の館を出て、先へ進む。

Dsc00445

主神殿が見えてきた。

Dsc00447

ちょっと崩れそうな、危なっかしい感じだ。

世界を創造したという、ビラコチャ神を祀っていたと言われる建物跡である。

主神殿の横を通り、

Dscf9537

奥に行くと、小部屋がある。

Dscf9538

Dsc00450 

エコーの間といわれる部屋である。

Dscf9540

壁の穴に頭を突っ込んでしゃべると、反響するのだ。そのくらい、石と石の間に隙間がないということだ。

Dscf9541

とくと見よ!このパズルっぽい石組みを!

エコーの間の裏手に階段がある。

Dscf9542

階段を上ると、エコーの間の全景が見える。

Dscf9543

こういう自然の石も遺跡の一部になっているのだ。

Dscf9545

変な草だ。

Dscf9546

Dscf9547

上に上がってきた。

Dsc00455

おお!見晴らしいいねえ!

Dsc00456

Dscf9549   

四方八方を見渡せて、なかなか爽快だ。

Dscf9551

この手前の石、何かに似ていないだろうか?

Dscf9553

そう!ワイナピチュの形に似ているのである。教会カメラマンの触っているところが、てっぺんということになる。意図的なものなのか、偶然の産物なのか・・・

Dscf9554

神聖なエリアの中心には、妙な石がある。インティワタナという。

Dsc00459

Dsc00462

日時計のことである。暦を読むのに必要である。インカは太陽神を主神としていたので、宗教的にも非常に重要な施設なのだ。

Dscf9560

この位置から太陽の光が通るらしい。

Dsc00463

このインティワタナがあるところは、マチュピチュで最も高いところである。とても見晴らしがよいのである。

Dscf9564

おお!怖い階段やね!

Dscf9565

さっきの階段を少し下り、下からインティワタナをあおってみた。

Dscf9566

さて、そろそろ行くか・・・

Dscf9567

Dscf9568

Dsc00465

Dsc00466

次回へ続く。

« マチュピチュへの誘い(その16:マチュピチュⅡ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その18:マチュピチュⅣ) »

ペルー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。