フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« マチュピチュへの誘い(その17:マチュピチュⅢ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その19:サンクチュアリ・ロッジで昼食を) »

2012年12月16日 (日)

マチュピチュへの誘い(その18:マチュピチュⅣ)

神聖なエリアから、メイン広場を右手に、

Dsc00466

農業試験場方面へ向かう。

Dscf9569

Dscf9570

Dscf9571

うひょ~!これは怖いねえ。。。

こんな所を通らなければ、先へは行けないのだ。←というのは、嘘である。

Dscf9572

Dscf9573

農業試験場が見えてきた。

農作物の品種改良が行われていたという話だ。今はリャマが放し飼いだ!

Dscf9575

なんか意味ありげな巨石ですなあ。。。

Dscf9576

Dscf9578

リャマですな。

Dscf9579

Dscf9580

草など食んでいる。

Dscf9583

マチュピチュの主のようになっているリャマだが、元々いなかった生き物だ。チリの会社がコマーシャル用に連れてきたのが、すっかり定着してしまったそうだ。う~む、生態系的にいかんな!

Dscf9584

農業試験場を左手に奥に進んでいくと、小屋が見えてきた。

Dscf9585

Dscf9586

Dscf9587

珍しく屋根まで再現された建物が二軒対面で建っている。

ワイラナ(準備室)である。

Dscf9590

そして、その奥にある巨石が聖なる石である。ヤナンテティンという山の形をしているそうだ。インカにとって、山は神である。したがって、ここは非常に神聖な場所であったのだ。さきほどのワイラナは儀式の準備を行ったり、この奥にあるワイナピチュ登山口からの登山の準備をしたりする場であったとされている。

Dsc00483

ちょうど休憩にはいい塩梅である。ワイラナで座っていたら、小鳥が入ってきた。

そろそろお昼だ。昼食はマチュピチュの外にある、サンクチュアリー・ロッジで食べる。

現在、マチュピチュの最奥部である。入り口まで、駆け足で戻る。当然、見ていないところは、午後からの見学でみるのだ。

Dscf9593

これはワイナピチュへの登山口だ。ワイナピチュは決められた時間に人数制限でしか、上れない。現在、閉鎖中である。

Dscf9594

Dscf9595

Dscf9597

Dscf9598

途中のまだ見ていないところは、見えていたが、見えていないことにして、先にひたすら進んだ。

Dsc00492

よっしゃ、飯行くで!

« マチュピチュへの誘い(その17:マチュピチュⅢ) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その19:サンクチュアリ・ロッジで昼食を) »

ペルー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。