フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 九州温泉修行ⅩⅥ(博多温泉、観海寺温泉、明礬温泉、弓ヶ浜温泉) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その2:リマ歴史地区Ⅰ) »

2012年10月18日 (木)

マチュピチュへの誘い(その1:導入)

平成24年8月25日から9月3日にかけて南米ペルーに行ってきた。目的は、かねてからJINと行きたいと言ってきたマチュピチュである。とうとう、夢が実現するときがやってきた。出発を控えた数日前に、JIN氏から郵便が届いた。中からは飛行機のEチケットとともに、見慣れないリーフレットが入っていた。

「世界遺産マチュピチュへのいざない」

・・・・・・・

中には事細かに旅程表が書かれていた。

これを作るために、夜なべをしたJIN氏を想像する。こやつ、本気や!

今回の旅日記のタイトルは、ここからぱくらしていただいた。当然、JIN氏は了承済みであることを申し添えておく。

さてさて、初めての南米大陸、どうなることやら・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

8月25日逢魔時。佐賀空港にやってきた。ここから、羽田まで行くのだ。

Dscf9116

なかなかわびさびを感じる、空港だ。

荷物を預けると、出発までしばし待つ。ちなみに、閑なのか、ANAのスタッフやら空港スタッフが馬鹿丁寧だった。

閑なので、屋上に上がってきた。

Dscf9117

見晴らしがいい。というか、何もない。

Dscf9118

あの変な形は、雲仙岳では?

Dsc00003

羽田空港国際線である。ここから海外へ出発するのは、フランス以来の2回目である。

ここで、JIN氏と合流した。JINは神戸空港からの便が遅れたそうで、私はまだかまだかと待ちくたびれてしまった。

Dsc00004

いざ、出発!時刻は夜12時を過ぎて、26日である。

今回の旅は経由地のロスまでANAで行く。

Dsc00011

ロスに着いた。日付変更線の野郎のせいで、1日逆戻りして、25日の逢魔が時だ。

飛行機で結構寝れたせいか、全然疲れていない。ずっと短い時間だった前回のほうがむしろ疲れたくらいだ。JIN氏などは前回ホーチミンでぶっ倒れていたのとは対照的に元気だ。

普通、トランジットといえば、入国することなく、できたりするが、米国はいったん入国審査と税関審査を受ける必要がある。テロ対策なのだろうが、別にアメリカに用のない人には、時間を食われてつらいものがある。まあ、ハイジャックなんかされることを思えば、しゃーなしなのである。

Dsc00012

誰か知らんが、有名なのだろう。。。

Dsc00013

ロスといえば、ロス疑惑やね!とJIN氏と大いに盛り上がったが、空港は意外にも遊ぶところがなかった。

再び出国審査を受けて、ペルーへ向かう。ペルーの首都リマまでLAN航空だ。

初めての航空会社ということで、また前回のこともあるので、不安だったが、意外に快適だった。

Dsc00015

朝、リマ着。いよいよ始まる。

« 九州温泉修行ⅩⅥ(博多温泉、観海寺温泉、明礬温泉、弓ヶ浜温泉) | トップページ | マチュピチュへの誘い(その2:リマ歴史地区Ⅰ) »

ペルー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。