フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 鵜戸神宮 | トップページ | マチュピチュへの誘い(その1:導入) »

2012年10月11日 (木)

九州温泉修行ⅩⅥ(博多温泉、観海寺温泉、明礬温泉、弓ヶ浜温泉)

今回の温泉修行は色々な地域の温泉をミックスで紹介する。

まずは、福岡県福岡市から博多温泉である。

平成24年9月23日。富士の苑(No.64)にやってきた。今回はうっちょと一緒だ。南区という住宅地の真ん中に、ゴルフの打ちっぱなしがあるのだが、そこに隣接している。

P1090497

というか、駐車場は、打ちっぱなしのネットの下だ。

P1090499

真ん中に樋のようなものがある。

P1090500_2

あっ!ボールが流れてきた。この樋でボールを回収しているらしい。

P1090501

さて、風呂に入ろう。。。

P1090502

大人と子供で料金が違うほか、1時間入浴やら休憩つきでも違う。自分が使うプランだけ、この自販機で金券を買って、受付に渡すシステムだ。受付の人に聞くまで、さっぱり分からんかった。ここまで、実に63の温泉施設に入浴してきたが、初めてのシステムだった。

温泉は、塩気のする温泉である。飲用もできるが、とてつもない味がした。

うっちょのお父様が好きとのことで、理由がよく分からなかったが、露天が寝湯できるタイプだったので、案外このへんに理由があるのかもしれない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

平成24年10月6日。大分県は別府にやってきた。今回ははるばる神戸から遊びに来てくれたぎーさんと一緒である。

P1090504

観海寺温泉から、思い出の温泉、いちのいで会館(No.65)にやってきた。途中にえげつない急な坂道があるので、注意が必要である。

10数年前に、私、ぎーさん、くっぺちゃん、JINと来たことがある温泉だ。

ここは、食事つきである。というか、食事がメインで温泉はサービスだ。2階に上がると、受付が始まる。まず風呂に入って、戻ってから食事とのことだ。

ここより、もう少し高台に露天風呂がある。お湯は塩系のスカイブルーで非常に美しい。何より別府の街を一望できる(ただし、もう一つの露天は全く景色が見えず、日替わりで男女が入れ替わる。)。久しぶりに来たが相変わらず、すばらです!

ぎーさんが全裸で別府を眺める姿は、なんだか哀愁が漂い、はかなげであった。絵になる男である。

戻ると、食事の時間である。

P1090505

ここで食事をとる。

P1090506

だご汁がメインの定食であった。美味かった。

続いて、明礬温泉から明礬湯の里(No.66)にやってきた。

P1090507

P1090508

明礬温泉の周辺は湯の花をとる小屋が多く建っており、独特の雰囲気がある。

さて、ここの温泉は、明礬温泉らしい白系の濁り湯で、硫黄の臭いもなかなかのものである。何故か、かかり湯が冷たかったが、そこは何かの間違いだろう。。。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

翌日、熊本は天草方面にやってきた。

弓ヶ浜温泉の湯の宿湯楽亭(No.67)である。

P1090509

ロビーに行くと、秘湯を守る会の提灯があった。こいつは期待できる。

脱衣場から戸を開けると、小さな浴場がある。無色透明な風呂で、ヌルヌル感がある。とてもよい湯であるが、何かの間違いか?ここはもの凄い温泉抽出物があるような温泉だったはず・・・

とおもったら、奥に通路があって、もう一つ内湯の浴場がでてきた。ここは凄い温泉抽出物が固まって、ごつごつしていた。さらに露天に行くと、名物洞窟風呂がある。洞窟は思ったより奥が続いていた。探険気分で実に面白い。お湯も最高で、文句がない。あるとすれば、岩肌にへばりついたごつごつがとがっていて、もたれると背中やおけつが痛いことくらいだ。鉄分が強いのか、温泉に入った後はかなりぐったりしてしまった。

今回は、なかなか個性派の温泉を紹介してみた。中でも弓ヶ浜温泉はお薦めである。

« 鵜戸神宮 | トップページ | マチュピチュへの誘い(その1:導入) »

福岡県」カテゴリの記事

大分県」カテゴリの記事

熊本県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鵜戸神宮 | トップページ | マチュピチュへの誘い(その1:導入) »