フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 北インド旅行記(その19:謎のチョキダニ) | トップページ | 北インド旅行記(その21:アンベール城) »

2012年9月 7日 (金)

北インド旅行記(その20:風の宮殿)

平成19年2月5日。ジャイプル2日目である。

ホテルを出ると、風の宮殿に向かった。

Img_1450_2 

何とも面白い建物である。何と言うか、ぺたんこだ。

シティ・パレスの一部のこの建物は、1799年に建てられた。正式には、ハワー・マハルという。

ピンクの5階建てで、953の小窓がついている。この小窓を風が絶えず通過するので、非常に涼しいそうだ。よって、風の宮殿である。

Img_1451

風の宮殿の向かいは、こんな感じである。

Img_1453

お!猿がおる!

Img_1455

風の宮殿があれば、水の宮殿もある。遠くに微かに見えたので、写真に収めた。

湖の上に建っており、夏の避暑地として活用していたそうだ。

« 北インド旅行記(その19:謎のチョキダニ) | トップページ | 北インド旅行記(その21:アンベール城) »

インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北インド旅行記(その19:謎のチョキダニ) | トップページ | 北インド旅行記(その21:アンベール城) »