フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 北インド旅行記(その21:アンベール城) | トップページ | 北インド旅行記(その23:プラーナ・キラー) »

2012年9月10日 (月)

北インド旅行記(その22:ラール・キラー)

平成19年2月6日。いよいよインドを満喫するのも今日が最後である。本日は、ガイドなしでデリーをうろつくことになった。

ホテルの最寄駅カロルバーグからメトロに乗って、チャンドニーチョークに行く。地下鉄に乗るのに、何故か、セキュリティチェックがある。そして、地下鉄といいながら、地上駅だった。

チャンドニーチョークにつくと、ラール・キラーに行った。

ラール・キラー、別名レッド・フォート(赤い城)は、アーグラからデリーに遷都したシャー・ジャハーンが築いた居城である。

少し、開門前に着てしまったので、しばし待つ。

Img_1503

開門と同時に、門をくぐる。何と、ここでもセキュリティチェックを受けた。どんなけ、警戒しとるねん!

Img_1504

こちらがラホール門という。ここから現在のパキスタンにあるラホールへの道が始まっていたそうだ。

Img_1505

門の上部。

Img_1506

Img_1508

この椅子にシャー・ジャハーンが座ったのだろう。。。

Img_1509

奥に白い建物、ディワーネ・カース(貴賓謁見の間)がある。

Img_1511

Img_1512

何となく、豪華そうな造りだ。

Img_1514

こっちは、ディーワーネ・アーム(一般謁見の間)である。若干、地味だ。

今までの古城に比べれば、少し物足りない気がする。

ちなみに2007年に世界遺産入りしている。

Img_1515

こうして、ラール・キラーの見学を終えた。

« 北インド旅行記(その21:アンベール城) | トップページ | 北インド旅行記(その23:プラーナ・キラー) »

インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北インド旅行記(その21:アンベール城) | トップページ | 北インド旅行記(その23:プラーナ・キラー) »