フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 北インド旅行記(その20:風の宮殿) | トップページ | 北インド旅行記(その22:ラール・キラー) »

2012年9月 9日 (日)

北インド旅行記(その21:アンベール城)

ジャイプルの北東11kmのところにアンベール城がある。ここは、かつてのアンベール王国の首都である。16世紀末のラージャー・マン・スィンの築城以来、150年間改築が続けられたそうだ。

Img_1456

小高い丘の上にあるのが、アンベール城である。

Img_1459

麓から徒歩でもいけるが、ここは象さんに乗ることにした。ちなみに象待ちではしつこい物売りに辟易したのは、言うまでもない。

象さんは振り落とされそうで、乗り心地はあまりよくなかった。おまけにちょいと臭う。象さんの営業は一日4往復と決まっているそうだ。昔は1日中働かせていたらしいが、ある日、ぶち切れて客を踏んづけたそうな。。。

いよいよ象さんを降りて、入場である。なお、入場料はインド人が10ルピーのところ、外国人は75ルピーである(2007年当時)。

Img_1460

Img_1461

一般謁見の間(ディーワーネ・アーム)である。

Img_1463

こちらがガネーシャ門である。とにかく美しい。

Img_1464

細かいなあ。。。

Img_1465

Img_1466

なかなか垢抜けた中庭だ。

Img_1469

アンベール城からさらに高台には、ジャイガール要塞がある。今回は行かなかった。

Img_1471

Img_1472

Img_1473

何と言うか、繊細な装飾だ。

Img_1477

おお!これは凄い!勝利の間である。

Img_1478

Img_1480

Img_1481

Img_1482

これがかの有名な鏡の間か・・・

Img_1483

Img_1485

Img_1489

こっちは鏡の間とは違うが、なかなか美しい。

Img_1488

Img_1490

あちらはジャイガール要塞。

Img_1491_2

Img_1492 

こうして、アンベール城の見学を終えた。鏡の間のようなぎらぎらしたきれいさと、淡い花柄のような可憐な美しさの同居する、不思議な城であった。

帰りは徒歩で坂道を降りた。

Img_1493

象さん。

Img_1495

野良豚。

Img_1496

麓にも何か遺跡があった。

こうして、ジャイプルを後にし、車でいよいよ出発点にデリーに帰ることになった。

途中のドライブインで昼食をとる。地元民御用達の店だそうで、結構美味かった。

Img_1499_2

畑には辛子の花が咲いていた。

Img_1500

こっちは山羊やね。

Img_1502

デリーのホテルは初日のやたら壁の薄いホテルだった。う~ん、最悪。

テレビをつけたら、インド版パワーレンジャーをやっていた。

« 北インド旅行記(その20:風の宮殿) | トップページ | 北インド旅行記(その22:ラール・キラー) »

インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北インド旅行記(その20:風の宮殿) | トップページ | 北インド旅行記(その22:ラール・キラー) »