フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 北インド旅行記(その22:ラール・キラー) | トップページ | 九州温泉修行ⅩⅡ(由布院温泉、塚原温泉、湯平温泉) »

2012年9月13日 (木)

北インド旅行記(その23:プラーナ・キラー)

ラール・キラーを後にした私は、ジャマー・マスジットというモスクに行こうとした。

Img_1516

お!香辛料売ってるね。。。

Img_1517

こっちはお野菜ね。

とぼとぼ歩いていると、3歳くらいの幼女が、私の前に座り込んで、用を足した。

・・・・( ゚д゚)ポカーン

これがインドか・・・

Img_1520

ジャマー・マスジットにやってきた。ここはインド最大のモスクである。さて、入ろうとすると、入場料を払えという。確か、無料のはずでは?

料金はカメラ撮影の場合のみでしょ?と訴えても、拉致があかない。見れば、私の前に来た白人男性も同じことでもめていた。急激にやる気がうせた私は見学をやめた。

Img_1522

縁がなかったのである。

そのまま、デリーの中心街?コンノート・プレイスにやってきた。昼食は折角だから、マクドでインド限定のマハラジャ・マックを食べた。マサラ味だった。

この後、パリカ・バザールという地下街をのぞいた。喧騒という言葉がふさわしい。一つのカートリッジにいくつもゲームソフトが入った、怪しげなファミコンソフトが売ってあったり、凄かった。熱烈な客引きに会い、いささかドン引きである。

そして、プラーナ・キラーまでやってきた。

Img_1524

Img_1526

Img_1527

プラーナ・キラーとは古い城という意味である。レッド・フォートよりも古い城で、フマユーン帝を破ったスール朝のシェール・シャーが建てたそうだ。

Img_1529

Img_1530

今まで凄いのを見てきた私には、少し物足りない。凄いのを見る前に見学することをお薦めする。

こうして、お土産を買ったり、物乞いに服を引っ張られたり、動物園の前でコーラを飲んだり、リキシャーの客引きにあったり、ぐだぐだと最終日が過ぎていった。

ちなみにメトロに乗るときのセキュリティチェックでお土産に買ったガネーシャ像が引っかかり、荷物をさらけ出す羽目になった。違法なものではないので、当然、お咎めはなかった。

翌日の早朝、いよいよデリーの空港から帰った。

今回の旅、本当に疲れ果てて、二度と来るかと帰国当時は思ったものだが、時間がたてば、無性に行きたくなる。まるでインド中毒だ。またいずれ、訪れたい国である。

Img_1532

デリーの空港にて・・・

おしまい。

« 北インド旅行記(その22:ラール・キラー) | トップページ | 九州温泉修行ⅩⅡ(由布院温泉、塚原温泉、湯平温泉) »

インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北インド旅行記(その22:ラール・キラー) | トップページ | 九州温泉修行ⅩⅡ(由布院温泉、塚原温泉、湯平温泉) »