フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 羅漢寺!! | トップページ | 九州温泉修行ⅩⅣ-①(霧島温泉、栗野岳温泉、吉松温泉、日の出温泉、隼人温泉、船津温泉) »

2012年9月24日 (月)

九州温泉修行ⅩⅢ(日田温泉、日田三隈川温泉、夜明温泉)

平成24年7月29日。羅漢寺を参拝した後、日田に戻り、周辺の温泉に入った。

まずは、日田温泉の小京都の湯みくまホテル(No.44)である。

Dscf9109

Dscf9108

ここはホテルの最上階に大浴場がある。とにかく眺めがよい。

全裸で三隈川を眺めるのは、なかなか爽快だった。

続いて、日田三隈川温泉、かんぽの宿日田(No.45)である。

Dscf9111

Dscf9112

ほんのり硫黄臭がある、塩系の温泉だ。まあ、レジャー温泉の一種ではあるが、お湯はなかなかのものであった。

Dscf9110

玄関前には、こんなものもある。

最後は、少し移動し、夜明温泉の夜明薬湯温泉(No.46)にやってきた。

Dscf9113

Dscf9114

ここは、なんというか、凄い。

もろ地元のご老人しかいないような雰囲気である。中に入ると、よく分からない、演歌がガンガン流れていた。炭酸水素塩泉のお湯だが、傍らに小さな湯船があり、これが漢方的なものが入っており、薬湯になっている。なんか体にいい気がする湯であった。

« 羅漢寺!! | トップページ | 九州温泉修行ⅩⅣ-①(霧島温泉、栗野岳温泉、吉松温泉、日の出温泉、隼人温泉、船津温泉) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。