フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 北インド旅行記(その23:プラーナ・キラー) | トップページ | 羅漢寺!! »

2012年9月18日 (火)

九州温泉修行ⅩⅡ(由布院温泉、塚原温泉、湯平温泉)

平成24年7月21日。今回の温泉修行は大分へ。ビッグネーム由布院を含む。6軒を訪れた。

まずは、由布院温泉の庄屋の館(No.38)である。由布院駅からアフリカンサファリ方面に山を上がっていく道中にある。

P1090339

おろ?

P1090340

P1090341

兵馬俑?

P1090342

兵馬俑を無視し、進むと、飲泉がある。

P1090344

県内唯一の龍の屋根瓦?

P1090345_2 

あれか・・・?

P1090346

P1090347

こちらが浴場だ。

早速入る。

これは凄い!コバルトブルーの温泉である。私の前には一人しかおらず、すぐに出たので、でかい浴場を独り占めできた。満足である。

少し坂を上がると、見晴らしのよい高台にも浴場がある。満喫である。

泉質は塩化物泉なので、しょっぱい。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

同じく由布院のゆふいん泰葉(No.39)にやってきた。

P1090353

ものの見事にどしゃぶりだ。

P1090354

旅館の前には足湯でくつろげるスペースがある。

浴場は階段を下りて、坂の下だ。

P1090349

P1090351

お!凄いね。ここから温泉が湧いてるのかな?

P1090350 

こちらが浴場である。

風呂は小さいが、泉質は非常によい。青湯と呼ばれるように、ほんのり青い。そして、つるつる感がある。これは2連発で興味深い温泉に出会った。やるな!?由布院・・・

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

またまた由布院である。山のホテル夢想園(No.40)というところにやってきた。

P1090355

こちらでチケットを買う。敷地はレジャー施設のように広い。

P1090357

こちらが浴場である。

景色はよいが・・・

人は多いが、子供は泳ぐわ・・・、全くくつろげなかった。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

由布院を別府方面に山の方へ上がっていくと、塚原温泉という温泉に行く。

P1090358

何だか、えらい所にやってきた。

P1090359

火口乃泉(No.41)という浴場である。

ここはとにかく凄い。浴場は小さく、あまりきれいではないが、凄い温泉だ。言っておくが、くつろぎとか安らぎなどを求めてはいけない。ちょいとひりひりするほどの酸性泉だ。是非飲んでもらいたい。めっさ酸っぱいので・・・

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

P1090360

最後に湯平温泉にやってきた。ものすごく雨が降っている。おかげで下半身が大変なことになってしまった。気持ち悪い。。。

P1090361

志美津旅館(No.42)にやってきた。

P1090362

ここの売りは、洞窟風呂である。

薄暗い中、どきどきしながら入ることができる。あまり熱くはなく、洞窟内で蒸気が充満しているので、普通の温泉とスチームサウナの両方に入っているような、お得な感覚が味わえる。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

P1090363

続いて、今にも濁流に飲まれそうなところに建っている、砂湯温泉(No.43)である。

P1090364

P1090365

P1090366

ここは無人である。この料金箱に料金を入れる。スタンプも置いてあるので、勝手に押す。

中には、小さな湯船が一つあるのみだ。

入る。

・・・・・

・・・・・・・・・・・・!?

ぎゃー熱いーーーーーー!!!!!

これは熱すぎる。おかげで全く温泉を味わう余裕はなかった。ただ頑張って入っていただけである。せっかく一人だったのに・・・

最後に着替えているときに、おばはんが間違って入ってきた。最悪であった。

こうして、今回の修行はおしまいである。

« 北インド旅行記(その23:プラーナ・キラー) | トップページ | 羅漢寺!! »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。