フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 北インド旅行記(その6:デリー~ヴァラナシ) | トップページ | 北インド旅行記(その8:ガンガーにてプージャーを見学) »

2012年7月27日 (金)

北インド旅行記(その7:バーラト・マータ寺院)

ホテルで小休止した後、車でヴァラナシの街を観光することになった。

Img_1039

きれいな寺院が見えてきたが、これはバナーラス・ヒンドゥー大学の構内にある、ヴィシュワナート寺院である。白とピンクの調和が大変美しい。

Img_1043

しかし、この街、本当に人だらけだ。

Img_1044

バイクとチャリと歩行者がごちゃ混ぜになって、道を行く。混沌という言葉がふさわしい。

Img_1048

人だけでなく、野良牛や野良豚の姿もちらほら見た。

Img_1049

あまりにもごちゃごちゃしているせいか、移動中事故を起こした車もあった。そりゃもう、口論の真っ最中でしたとも。。。

Img_1050

後ろに赤く聳えるのは、ドゥルガー寺院である。ここはヒンドゥー教徒しか入れない。そして、この寺の周りには、凶暴なサルが住み着いていることで有名だ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

何だか、お寺らしくない寺院にやってきた。バーラト・マータ寺院という。

Img_1053

お!野良犬やね。

Img_1055

中に入ると、何だかでこぼこしたものが展示されている。

Img_1057

そうインドの地図である。

これがご神体なのである。

Bharatはインドを、Mataは母を意味する。つまり、母なるインドという意味の寺院なのである。この寺院、写真撮影するのに10ルピーかかり、靴を預けるのに5ルピーかかる。日本円にすると、べらぼうに安いが、インドに来るとケチになるのか、何故か、10円、20円に一喜一憂するようになった。

Img_1056

この寺院はインド独立の気運を高めるために建てられた寺院で、中にはガンジーやチャンドラ・ボースの肖像が飾られていた。ここで、ガンジーではなく、チャンドラ・ボースについて、クマールと熱く語り合った。というか、あまり日本人は知らないが、私の食いつきがやたらよかったので、クマールはびっくりしていた。

こうして、寺院の見学を終えた。

Img_1059

この後、昼食を食べた。ラッシーを飲んだが、まあまあの味だった。

余談:昨日、ヴァラナシでテロがあったらしい。。。怖いなあ。。。

« 北インド旅行記(その6:デリー~ヴァラナシ) | トップページ | 北インド旅行記(その8:ガンガーにてプージャーを見学) »

インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北インド旅行記(その6:デリー~ヴァラナシ) | トップページ | 北インド旅行記(その8:ガンガーにてプージャーを見学) »