フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 北インド旅行記(その4:クトゥブ・ミナール) | トップページ | 北インド旅行記(その6:デリー~ヴァラナシ) »

2012年7月25日 (水)

北インド旅行記(その5:フマユーン廟)

フマユーン廟といえば、かの有名なタージ・マハルに影響を与えたといわれる廟である。フマユーンはムガル帝国二代皇帝で、この廟は、彼の后が1565年に建造したものである。

Img_1020

フマユーン廟の手前にある建物はイサカーン廟という。フマユーン廟より古く、この廟に影響されたといわれる。

Img_1021

内部には棺が並んでいた。

Img_1022

こちらはイサカーン廟の近くにたつ、イサカーン・モスクである。

Img_1026

ここからが本命のフマユーン廟の入り口だ。

Img_1027

これは美しい!

Img_1029 

中のドーム部分。

Img_1030

こちらがフマユーンの棺だ。

フマユーンは、初代皇帝バーブルの息子だ。有能ながらおっちょこちょいなのか、スールに大敗北し、一時ムガル帝国は滅亡した。その後、ペルシアのサファヴィー朝に逃げのみ、力を蓄え、スール朝を滅ぼし、ムガル帝国を再興した。

しかし!そんな矢先、階段から転げ落ち、石段に頭をぶつけて死んでしまったのだ。これはあまりにもかっこ悪い死に様だ。その割に廟は大変素晴らしい。タージ・マハルの手本になったといわれるのも肯ける。

Img_1031

フマユーン廟から眺めていると、さっきのイスカーン廟とモスクが見えた。

Img_1032

こちらはさっきの入り口か・・・

Img_1034

ぶらぶら周りを歩いていると、修復作業中の作業員が数多くいた。

私を見ると、さかんに写真を撮れとアピールしてくる。写真を撮れば、当然チップを要求されるのは目に見えているので、No thank you!と丁重に断った。

Img_1035

Img_1036

Img_1037

遺跡の木陰で談話するインドの乙女がなかなか絵になっていたので、思わず撮ってしまった。遠くから・・・

こうして、フマユーン廟の見学を終えた。

この後、デリー駅に移動し、次の目的地ヴァラナシに旅立つため、夜行列車に乗った。

« 北インド旅行記(その4:クトゥブ・ミナール) | トップページ | 北インド旅行記(その6:デリー~ヴァラナシ) »

インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北インド旅行記(その4:クトゥブ・ミナール) | トップページ | 北インド旅行記(その6:デリー~ヴァラナシ) »