フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 北インド旅行記(その3:インド門と官庁街) | トップページ | 北インド旅行記(その5:フマユーン廟) »

2012年7月24日 (火)

北インド旅行記(その4:クトゥブ・ミナール)

昼食の後、クトゥブ・ミナールを見にやってきた。

Img_0981

クトゥブ・ミナールとは、奴隷王朝のクトゥブッティーン・アイバクによって建てられたクワットゥル・イスラーム・モスクに付属するミナレットのことである。

Img_0983

Img_0985

お見事な彫り物がなされた壁面である。

Img_0986

本題のクトゥブ・ミナールの前に、鉄柱の周りを囲む人だかりを見つけた。

これは、なんと!かの有名な錆びない鉄柱である。この鉄は非常に純度の高いものだそうで、何と、1500年以上もの間、風雨にさらされていたにも関わらず、表面だけの錆で、内部まではやられていないのだ。オカルトファンには、とても有名な鉄柱である。まさか、あの鉄柱がデリーにあるとは・・・。

この鉄柱、何かというと、イスラム教とは関係ない。アショーカ・ピラーの一つで仏教的なものだ。

Img_0987

こちらが本命のクトゥブ・ミナールである。手前に鉄柱をいれてみた。

それにしてもでかい!1200年ごろに建てられたそうだが、その高さ、72.5mで、世界一高いミナレットである。地震や落雷で崩落したそうで、かつては100mも高さがあったそうだ。

以前は、この塔に登れたそうだが、将棋倒しの事故があったそうで、今は閉鎖されている。

Img_0988

おや、修学旅行生ですかね?

Img_0990

む?インコかオウムかしらんが、まるで、日本のカラスのような感じで普通に飛び回っていた。

Img_0991

塔の傍らにはイルトゥトゥミシュ廟がある。奴隷王朝の3代目である。

Img_0992

実に素晴らしい彫刻が施された壁面に囲まれ、棺が置いてあった。

アイバクの治世に始まったクトゥブ・ミナールの建築は、イルトゥトゥミシュの治世に完成した。

Img_0993_2

Img_0994

この墓は、現存するデリー・スルタン朝の君主では最古のものだそうだ。

Img_0995

クトゥブ・ミナールの北に、出来損ないの巨大な塔跡が立っている。これは、アライ・ミナールといい、クトゥブよりもっと高い塔を建てようとして断念した塔の成れの果てである。

Img_0997

せっかくの文化遺産も、インド人の格好の遊び場となっている。どうみても、女学生らの先生らしきおっさんが、一番はしゃいでいた。

Img_0998

私もちょっと上ってみたかったが、混んでいるのでやめておいた。なお、度を過ぎると、当然怒られるらしい。。。

Img_1001

見事な回廊ですなあ。。。

Img_1003

Img_1004

ほへぇ~と眺めていると、若夫婦にカメラのシャッターを切るようにお願いされた。

写真を撮ってあげると、世間話をおっさんがしてきた。

どこから来たのか?とか、、、日本人というと、好意的な感じになり、ワイフの自慢をされた。これまで、物乞いとか、むちゃな物売りとか、らりってる人とか、ショッキングな人ばかり見てきた私はすっかり萎縮してしまっていたが、ほんの少し、緊張がとけた一瞬であった。なかなかインド人、フレンドリーやん!

Img_1006

これはヒンドゥーか仏教の彫り物かな?イスラムに偶像崇拝はないので・・・

Img_1010

遺跡とリス。。。

Img_1012

Img_1013

もう一度、見とこう!

Img_1014

やっぱでかいなあ。。。

Img_1015

いい仕事してますなあ。。。

Img_1018

こうして、クトゥブ・ミナールの見学を終えた。

« 北インド旅行記(その3:インド門と官庁街) | トップページ | 北インド旅行記(その5:フマユーン廟) »

インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北インド旅行記(その3:インド門と官庁街) | トップページ | 北インド旅行記(その5:フマユーン廟) »