フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 北インド旅行記(その1:導入) | トップページ | 北インド旅行記(その3:インド門と官庁街) »

2012年7月20日 (金)

北インド旅行記(その2:ラージガート)

平成19年1月31日。全く疲れがとれていない朝、ガイドのクマール氏が迎えに来た。車に乗って、デリー観光に出かける。

デリーに行ったら、必ず行くべきだと思うところがある。

それは、ラージガートである。

ラージガートとは、かの有名なマハトマ・ガンディーが荼毘に付された場所であり、記念公園になっている。

ガンディーはご存知の通り、非暴力不服従で有名なインド独立の父と呼ばれる人物である。第二次世界大戦終結後、念願のインド独立が達成されたが、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒の融和がうまくいかず、パキスタンとの分離独立になってしまった。パキスタンの分離に際し、ガンディーはこれを阻止しようと奮闘するが、かえって、ヒンドゥーの原理主義者の恨みを買い、暗殺された。

遺体は、このラージガートの地で荼毘に付され、ガンジス川、ヤムナー川などに灰がまかれた。

Img_0969

人だかりができているところが慰霊碑である。ヒンドゥー教では通常墓を作らないが、カリスマのガンディーである。国民が納得しなかったのだ。ヒンドゥー教徒だけでなく、イスラム教徒からも愛され、慰霊に訪れる人が絶えない。

Img_0965

花できれいに飾られている。

ここにきている人はほとんどインド人だ。めちゃくちゃ真剣な顔をしている。この後、こんな真剣なインド人見たっけ・・・?

私も敬意を表し、拝ませてもらった。

すっかり神妙な気持ちになっていると、絵葉書を10$で売りつけられそうになった。どんな高い葉書やねん!

« 北インド旅行記(その1:導入) | トップページ | 北インド旅行記(その3:インド門と官庁街) »

インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北インド旅行記(その1:導入) | トップページ | 北インド旅行記(その3:インド門と官庁街) »