フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 九州温泉修行ⅩⅠ(古湯温泉、熊ノ川温泉) | トップページ | 国立科学博物館Ⅱ »

2012年7月 9日 (月)

国立科学博物館Ⅰ

平成24年5月12日。「かはく」でインカ帝国展を、「とうはく」でボストン美術館展を開催中であった。めっさ見たかったので、普通の週末に来てしまった、、、東京に。。。

P1090285 

「かはく」こと国立科学博物館である。ウィキによると、かはくとは、「自然史に関する科学その他の自然科学及びその応用に関する調査及び研究並びにこれらに関する資料の収集、保管(育成を含む)及び公衆への供覧等を行うことにより、自然科学及び社会教育の振興を図る」ことを目的とした博物館だそうだ。

実際、どんなものを展示しているかは、本文で紹介する。

さて、インカ帝国展であるが、結論を言うと、当たりであった。特にマチュピチュを3DのCGで再現した映像は、酔いそうで吐き気を覚えたが、非常に面白かった。

すっかり悦に至った私は、そのまま、常設展を堪能することにした。地球館と地球館があるが、今回は地球館を紹介する。

1階の展示フロアに入ると、早速階層標本が陳列されていた。

P1090202_2

P1090203_2

褐藻類ですな。海藻にはそれなりに思い入れがあるので、載せてみた。

P1090204

この辺は海を紹介している。サメがおるげ!

P1090206

ケルプの海中林を泳ぐアザラシのジオラマ。

P1090207

ここは、亜寒帯の海を再現しているそうだ。

P1090208

陸上生物に移り変わってきた(クジラの骨格標本は除く)。

P1090210

オランウータンとウンピョウ。ボルネオか?

P1090211

P1090212

こっちはユキヒョウですな。

P1090213

んん?何じゃこりゃ?

P1090214

ゴキブリとか気色悪い虫たちの標本だった。

P1090215

この一角は、虫の標本が多い。

P1090216

蝶々ですやん!

P1090217

モルフォチョウか?美しいねえ。。。

P1090218

これは男子の永遠のあこがれ、カブトムシコーナー?

P1090219

すげぇぜぇい!ヘラクレスにアトラスに、うひょ~ヽ(´▽`)/

P1090220

こちらは松ぼっくりのコーナーなのだ。

P1090221

でっかい骨格標本が現れた。

P1090222

やがて、系統広場と呼ばれるコーナーにやってきた。

P1090223

ここでは、模型やら標本を展示し、細菌から順に進化をたどることができる。

P1090224

鳥さんたち大集結。

P1090225

鰻に見えるが、フタユビアンフューマというサンショウウオの一種だ。ちなみに生物中最大のDNA量を誇るらしい。

P1090226_2

シーラカンスとか。。。

P1090227

蝶々とか蛾とか。。。

P1090228

クワガタやー!私はカブトよりクワガタのほうが好きである。というか、虫嫌いなんやけどね。。。

P1090229

コガネムシの仲間たちだ。フンコロガシもおるよ。

P1090230

こえは!ミドリシャミセンガイじゃないか!

柳川ではこれをメカジャと称して、食す。味噌汁の具とかにするが、私は好きではない。

P1090231

カイロウドウケツである。こいつの中には、ドウケツエビというエビが住んでいるが、小さいうちに入り込み、やがて成長して、外に出れなくなるそうだ。で、雌雄一尾ずつ住んでいるので、彼らは一生を二匹のみでカイロウドウケツ内で過ごすことになる。ということから、カイロウドウケツは結納の際の引き出物にされるそうだ。最も私はそんな場面見たことない。

進化を勉強するコーナーを全く進化と関係ない順に見てしまったところで、

P1090232

がおーーーー

P1090233

コリャなんじゃ?と思ってみたら、牛の胃から腸だった。めっさ長い。

P1090235

キリンの舌、食道、気管だそうだ。これも長い。

P1090236

クジラの胃に寄生するアニサキス。キモイ。

P1090237

クジラの腸か・・・。ん、何か変?

P1090238

げげ!アニサキスがびっしり!!(゚ロ゚屮)屮

P1090239

アニちゃんがキモかったので、ツチブタで目の保養をする。うむ、癒された。

P1090240

ダイオウイカとアナコンダの骨格標本だ。でかい!

P1090241

有明の珍味、ワラスボじゃないか!エイリアンはこれをモデルにしているとしか思えない。

P1090242_2 

比較的普通の陸上生物の標本を見たところで1階の見学を終えた。

« 九州温泉修行ⅩⅠ(古湯温泉、熊ノ川温泉) | トップページ | 国立科学博物館Ⅱ »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州温泉修行ⅩⅠ(古湯温泉、熊ノ川温泉) | トップページ | 国立科学博物館Ⅱ »