フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その11:杉本寺) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その13:覚園寺) »

2012年6月 9日 (土)

関東文化的探求の旅Ⅲ(その12:鎌倉宮)

鎌倉宮にやってきた。

P1080920

鎌倉宮は、後醍醐天皇の皇子、護良親王を祭神とする神社である。建武中興十五社の一つだ。

P1080921

P1080922

護良親王は、建武中興達成後、足利と対立したため、この地に幽閉された後、殺害された。護良親王を祭るために神社を建てたのは、明治天皇だ。建武中興で活躍した人たちは永らく、不遇であったが、明治維新で名誉を回復した。建武中興十五社は名誉回復のため、明治時代に建てられたものだ。

P1080923

この神社は有料エリアを見ないと面白くない。

土牢というのが、護良親王が幽閉されていたと伝えられる洞穴である。

P1080924

右手に本殿が見えた。

P1080925

P1080926

本殿の裏側に土牢がある。

P1080927

こんな所にプリンスが閉じ込められていたのか・・・?

P1080928

う~ん、奥は深いぞ!下に広がっている模様だ。

P1080929

土牢を見学し、本殿の右手にきた。

P1080930

ここに親王の首を置いたそうだ。

P1080931

いよいよ有料エリアも終わりというところに、宝物館があった。

・・・と言っても、品々が縁側に置かれているような感じだった。

P1080932

有料エリアを抜け、次に行こうかとしたとき、かわらけ投げを見つけた。

P1080933

こいつを・・・

P1080934

この石に投げつけて割るのか・・・

ストレス発散に良さそうだが、今回は挑戦しなかった。

さて、次行こうっと!

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その11:杉本寺) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その13:覚園寺) »

神奈川県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。