フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その13:覚園寺) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その15:荏柄天神社) »

2012年6月13日 (水)

関東文化的探求の旅Ⅲ(その14:瑞泉寺)

鎌倉宮の南側に東へ向かう道がある。これをてくてくと歩いていくと、瑞泉寺がある。

P1080940

急に門が現れたが、瑞泉寺はもう少し先だ。

P1080941

受付で料金を払う。

P1080942

途中で夢窓国師古道場と書いた石碑があった。

そう!このお寺は夢窓疎石縁の寺である。

P1080943

受付を通過してから、しばらく歩いたが以前山道で、お堂が見えない。

P1080944

この階段は封鎖されている。崩落しそうだ。

P1080945

延々と歩いて、やっと見えてきた。

P1080946

門をくぐる。

P1080947

雑然とした庭が現れた。

P1080948

P1080949

本堂である。

瑞泉寺は山号を錦屏山(きんぺいざん)といい、臨済宗円覚寺派のお寺である。本尊は釈迦如来だそうだ。

夢窓疎石を開山として、二階堂道蘊が建立した寺院である。鎌倉五山の下の十刹の筆頭として一時期は隆盛したそうだが、永享の乱で衰退したようだ。

夢窓疎石といえば、庭造りの名人!

P1080951 

ふむ!よく分からん!時期が悪かったのか?

P1080952

P1080953

P1080954

結局、よく分からんまま見学を終えた。

後で知ったが、夢窓疎石が作庭した石庭が本堂の裏にあったそうな。。。見逃してしまった・・・(´・ω・`)ショボーン

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その13:覚園寺) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その15:荏柄天神社) »

神奈川県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その13:覚園寺) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その15:荏柄天神社) »