フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その19:国立西洋美術館Ⅱ) | トップページ | 竹田ぶらり(その1:観音寺十六羅漢) »

2012年6月22日 (金)

関東文化的探求の旅Ⅲ(その20:国立西洋美術館Ⅲ)

1階に降りてきた。

P1090019

このフロアは彫刻のスペースだ。

P1090020

こっちが絵画である。

P1090021

ロセッティの「愛の杯」だ。

なんだか濃い女性だ。背景が何気にいい感じだ。

P1090022

モローですな。

P1090023

もう一つ、モロー。。。

この人の絵は、昔、兵庫県立美術館のモロー展で腹いっぱい見たことがある。不思議な絵だ。

P1090024

ピサロ。収穫していますねえ。。。

P1090025

ゴーギャンである。

P1090026

こちらもゴーギャンだ。ブサイクな子供だ。

P1090027

何だか酔いそうなフロアにきた。抽象画やキュビズムのフロアらしい。

P1090028

ミロの「絵画」である。どのへんが絵画か分からないが、なんとなく引き込まれそうになる絵だ。気に入った。

P1090029

これぞ!衝撃・・・

サム・フランシスの「ホワイト・ペインティング」だ。

以前、来たときから妙に印象に残っており、ずっと覚えていた作品だ。白を塗りたくるという、挑戦的な作品だ。一見ふざけとるのか!と怒りそうになるが、じっと見ていると、何故か気になるのだ。不思議である。

P1090030

このパズルをミスったような絵は、ピカソだ。よく分からん。

P1090031

同じキュビズムでもこっちのほうが好みだ。ブラックである。

P1090032

こちらでつくもっているのは、マイヨールの「夜」である。ナイス!体操座り!

P1090033

あれ!?これ、美術の教科書で見たことあるような・・・

スーティンの「狂女」である。怖っ!

屋内展示をすっかり堪能した後は、屋外展示も見てみよう。。。

P1090034

ロダンの「地獄の門」である。あまりにも有名だ。地獄の門のブロンズ鋳造品は現在世界に7つしかないそうで、これはその1つである。上のほうに「考える人」がこびりついている。

P1090035

あれ?この人、オルセーで見たぞ?と思って調べたら、やっぱりありました。ブールデルの「弓をひくヘラクレス」である。

P1090036

最後はやっぱ「考える人」でしょう!

こうして、国立西洋美術館の見学を終えた。今回の旅はこれにて終了である。

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その19:国立西洋美術館Ⅱ) | トップページ | 竹田ぶらり(その1:観音寺十六羅漢) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その19:国立西洋美術館Ⅱ) | トップページ | 竹田ぶらり(その1:観音寺十六羅漢) »