フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その7:東京国立博物館Ⅲ) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その9:浄妙寺) »

2012年6月 1日 (金)

関東文化的探求の旅Ⅲ(その8:光触寺)

平成24年2月25日。ちょいと鎌倉に行ってみた。

今までメジャーどころは比較的押さえたので、今回は金沢街道、二階堂エリアに行ってみることにした。鎌倉駅前からバスに乗り込む。バスはやがて坂道を上がりだした。そして、十二所で降りた。

まずは光触寺に行ってみることに・・・

・・・あれ?迷った。

しかも、雨はざあーざあー降ってて、寒いし・・・

しばらくうろたえていると、ご夫人が通りかかり、親切にも道を教えていただいた。

P1080876

仕切りなおしで、光触寺である。時宗のお寺だ。

P1080877

1279年創建と大変歴史有るお寺だそうだ。

こちらの本尊は頬焼阿弥陀と呼ばれる、運慶作の仏様だそうだ。盗みの嫌疑をかけられた坊さんが焼印を頬に押されたが、この本尊が身代わりになったという伝説がある。

P1080878

こちらが本堂のようだ。。。

ん?これだけ?頬焼阿弥陀は?

よくよく調べれば、本堂の見学は事前予約が必要だった。。。

残念である。

P1080879

塩嘗地蔵?

P1080880

塩売りが塩を毎朝供えると、帰りには必ず塩が無くなっていたという・・・

故に塩嘗地蔵だそうだ。

P1080881

これ以上おっても、しゃーなしだ。次行こうっと・・・

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その7:東京国立博物館Ⅲ) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その9:浄妙寺) »

神奈川県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。