フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その18:国立西洋美術館Ⅰ) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その20:国立西洋美術館Ⅲ) »

2012年6月21日 (木)

関東文化的探求の旅Ⅲ(その19:国立西洋美術館Ⅱ)

渡り廊下を進み、新館の方に来た。

P1090004

手前のでかい絵をしげしげと眺めた。

P1090005

不気味な絵だなあと考えていると、

フュースリーの「グイド・ガヴァルカンティの亡霊に出会うテオドーレ」だった。

要するにお化けの絵である。

ボッカチオの「デカメロン」中の話を、ドライデンという人が翻案した詩「デオドーレとホノーリア」の一場面を描いているそうだ。

やたらインパクトのある絵だなあと思ったが、このフュースリーという画家、私が昔から知っているが、まだお目にかかれていない夢魔の絵の作者だった。他にも実に不思議な絵を描く、私好みの画家だ。

P1090006

新収蔵作品だそうだ。ドーミエやん!

P1090007

P1090008

クールベだ。

P1090009

クールベ・・・

P1090010

これもクールベ・・・

P1090011

またクールベ

P1090012

ルノワール入りました。

P1090013

マネですがな。こういうおじさん、普通にいそうだ。

P1090014

印象派の元祖、モネ。

P1090015

お!この雪景色、なかなか・・・

私はあまりモネが好きではないが、こういうのは割と好みだ。

P1090016

こっちはいかにもモネって感じだ。

P1090017

P1090018

新館2階の最後は、御馴染みのモネの「睡蓮」だ。

続いて、階段で1階へ降りるが、次回へ続く。

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その18:国立西洋美術館Ⅰ) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その20:国立西洋美術館Ⅲ) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その18:国立西洋美術館Ⅰ) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その20:国立西洋美術館Ⅲ) »