フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その12:鎌倉宮) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その14:瑞泉寺) »

2012年6月11日 (月)

関東文化的探求の旅Ⅲ(その13:覚園寺)

鎌倉宮の北方、約600mのところに覚園寺という寺がある。ここの見学は、時間が決められている。次の見学時間まで時間がだいぶある。近くの喫茶店で時間を潰した。なかなか落ち着いて、いい喫茶店であった。

喫茶店から出ると、覚園寺に向かう。

P1080935

それでも結構早くついてしまった。

P1080936

P1080938

この愛染堂までは見ることができるが、このお寺はこの裏に広大な敷地が広がっている。その領域が拝観時間で決まっており、お寺のかたの案内でしかいけない仕組みになっているのだ。

拝観受付に声をかけると、時間まで待ってくださいとのことだ。待ちますよ~( ̄▽ ̄)

覚園寺は真言宗泉涌寺派のお寺で、山号を鷲峰山(じゅぶせん)という。北条家から厚く信仰された寺である。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

時間になった。あれ?私だけ?

拝観ツアーの開始は先ほどの愛染堂からである。

P1080939

お寺の案内人が戸をあけてくれるので、中を見ることができる。その名の通り、愛染明王を祀っているのだ。

ここの見学を終えると、いよいよツアーが先ほど見れなかった領域に移る。

愛染堂の左手にある受付を過ぎると、北に向かって歩いていく。

ここからは撮影禁止エリアなので、言葉だけである。

しばらく歩くと、やたらインパクトのある茅葺の建物が見える。これが本堂である、薬師堂だ。

そもそも覚園寺は、北条義時が薬師堂を建てたのが始まりだそうだ。現在の薬師堂は足利尊氏が建てたものだそうで、堂内の梁の部分に、尊氏の自筆の銘がある。案内人さんが懐中電灯で照らしながら説明してくれた。

薬師堂の中には当然、薬師如来が祀られているが、他にも御馴染みの眷属の十二神将が祀られている。

将軍実朝が鶴岡八幡宮に参拝した夜、義時の夢に戌神(伐折羅大将)が現れて、来年の将軍参拝に同行するなと注意した。びびった義時は薬師堂を建て、守ってもらおうとした。翌年の将軍参拝の日、義時は気分が悪くなって途中退席したそうだ。その後、将軍暗殺が起こったのだ。義時にとっては危機一髪であった。十二神将のおかげと、お礼参りをすると、暗殺があったとき、何故か戌神像が行方不明になっていたそうな。。。

不思議なこともあるもんだ。

覚園寺はその後隆盛を極めるが、江戸時代の大火災で伽藍の大部分をなくし、衰退したそうだ。

薬師堂を見学した後は、六地蔵と黒地蔵の見学があった。黒地蔵は、地獄に落ちた亡者の苦しみが少しでも和らぐようにと、獄卒に代わって、地獄の釜の火加減をしたために、煤けてしまったという伝説がある。

その後、十三仏やぐらの見学を行う。やぐらの奥に十三仏が彫られており、ある種のアメージングゾーンを形成している。これにはとてもテンションが上がった。

最後に千躰地蔵堂を見て、見学コースを見て終わりである。

1時間ほどの見学であるが、案内人の嫌味のない、軽快な関東弁トークで全く時間の経過を感じさせない。人気も少なく、ゆっくりお寺見学ができる。お薦めの寺である。

こうして、見学を終えた。

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その12:鎌倉宮) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その14:瑞泉寺) »

神奈川県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その12:鎌倉宮) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その14:瑞泉寺) »