フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その20:国立西洋美術館Ⅲ) | トップページ | 竹田ぶらり(その2:愛染堂) »

2012年6月25日 (月)

竹田ぶらり(その1:観音寺十六羅漢)

平成24年4月14日。温泉巡りの合間に竹田を観光したので、報告する。これは七里田温泉と長湯温泉の間である。

豊後竹田駅前に車を止めると、町歩きに繰り出した。

P1090059

竹田は奥豊後にある城下町で、滝廉太郎やら田能村竹田の縁の地で有名だ。

P1090060

まずは観音寺にやってきた。

P1090061

入り口には地蔵様がおられた。

P1090062

この石段を上っていけば、一番上に別の寺院になる愛染堂があるが、それは次回で報告する。石段の右手には、、、

P1090063

ご覧のように十六羅漢像がある。

P1090064

P1090065

なかなかいい表情だ。

この十六羅漢、いつ誰が何のために作ったかわからないそうだが、郷土史では19世紀初頭のものではないかと伝えているそうだ。

P1090066

さて、石段を上ろう。。。ちなみにこのとき、大層なカメラを持った初老の男性が必死に十六羅漢を撮っていた。

P1090067

やがて、石段が三方に分かれる。右手はこの観音寺本堂、前方が愛染堂、そして、左手が円通閣という門がある。

P1090078

円通閣である。

P1090077

江戸時代中頃の中国風の門である。市の有形文化財になっている。

さて、愛染堂に行くか・・・

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その20:国立西洋美術館Ⅲ) | トップページ | 竹田ぶらり(その2:愛染堂) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。