フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 竹田ぶらり(その3:キリシタン洞窟礼拝堂) | トップページ | 九州温泉修行Ⅸ(黒川温泉、山川温泉、岳の湯温泉、杖立温泉) »

2012年6月28日 (木)

竹田ぶらり(その4:岡城跡)

滝廉太郎といえば、荒城の月である。そのモチーフとなった城が、竹田にある。

岡城である。

ぶらぶら歩いて行けば、すぐだろうと考えていたのが、甘かった。意外と遠く、これならば、車で行ったらよかった。。。

城はその名の通り、丘の上にある。麓の受付で拝観料を払うと、早速見学に行く。

P1090089

この先の階段を上がれば、岡城跡だ。

P1090090

見事な石垣である。

岡城は緒方惟義という武士が源義経を迎え撃つために築城されたのが初めとされている。その後、建武のころに志賀氏が拡張し、岡城と名づけられたという。志賀氏は豊臣秀吉により城を去ることになり、後に中川秀茂が入城した。明治維新でことごとくぶち壊したため、荒れた城になったのだ。滝廉太郎はこの廃城で子供のころに遊んでいたそうだ。

P1090091

P1090092

大手門である。いよいよ城跡巡りが本格スタートだ。

P1090094

ほほお!右が本丸で、左が西の丸か・・・。とりあえず、西の丸やな!

P1090095

西の丸である。

P1090096

西の丸に上ってみた。桜がきれいだ。

P1090097

もう一つ高台があった。

P1090098

何もないなあ。。。

P1090099

枝垂桜か・・・。

P1090100

本丸へ向けて、出発だ。

P1090101

この辺が、荒城の月っぽい!

P1090102

P1090103

P1090104

P1090105

この階段を上れば、いよいよ本丸だ。

P1090106

うん!特に何もないね!一つ建物があるだけか・・・

P1090109 

神社があった。

P1090108

密かに天井絵が描かれていた。ここまでの登城の無事を感謝して、お参りした。

P1090110

う~ん、高いねぇ。。。足がすくむ。

P1090111

さて、帰りますか・・・

P1090112

P1090113_2

石垣の角のところだけ、妙にきれいにカットされていた。

こうして、岡城の見学の終了とともに、竹田観光を終えた。この後、車まで帰るのが、何気にしんどかった。

« 竹田ぶらり(その3:キリシタン洞窟礼拝堂) | トップページ | 九州温泉修行Ⅸ(黒川温泉、山川温泉、岳の湯温泉、杖立温泉) »

大分県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。