フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 竹田ぶらり(その4:岡城跡) | トップページ | 九州温泉修行Ⅹ(菊鹿温泉、原鶴温泉、筑後川温泉) »

2012年6月29日 (金)

九州温泉修行Ⅸ(黒川温泉、山川温泉、岳の湯温泉、杖立温泉)

平成24年6月9日。九州温泉編第九弾は熊本である。

まずは、全国でも有名な黒川温泉だ。

黒川温泉は2回来たことがある。1度はJIN、ぎーさん、くっぺちゃんと泊まりに来た。もう一度は、まだ神戸在住のときに、旧職場の慰安旅行で立ち寄り湯をした。

P1090286

今回、訪れたのは、こうの湯(No.28)である。少し温泉街からは離れた所に立地している。

P1090287

P1090288

宿の受付に行くと、立ち寄り湯は離れとのこと。

P1090289

こちらが露天風呂だ。

P1090290

お風呂には誰も入っていなかった。ラッキーである。湯船に入ろうとすると、打たせ湯が急に起動した。センサーでスイッチが入るようだ。びびった。。。

湯は少し緑色がかっている。いい感じだ。奥のほうには、やたら深い立ち湯がある。溺れそうになっちまったい!

すっかりほっこりして出た。

黒川温泉からは、もう一軒、山河が登録されているが、今回、何と改修工事中だった。。。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

続いては、山川温泉から、しらはなシンフォニー(No.29)である。どう突っ込んでいいやら分からないが、一応宿である。

P1090291

ちょっと入りづらいネーミングだが、風呂は最高だ。今回も一人きりだったので、ゆっくりつかることができた。露天がいくつかあるが、基本的には皆同じだ。というか、男女の別がなかったが、ひょっとして混浴?温泉には、大量の湯の花が舞っており、面白い。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

岳の湯温泉からは、豊礼の湯(No.30)である。

P1090297

豊礼の宿という宿泊施設も併設されている。

P1090296

宿泊客が温泉蒸気で食材を蒸すための釜もある。

P1090293

こちらが風呂である。

P1090294

P1090295

風呂に入った。

前方は山、お湯の色は青白磁のようで美しい。

だが、おっさんがごろごろ煮られていた、芋煮鍋のようだ。

いいお湯なのに、全く落ち着いて入れなかった。

P1090298

岳の湯温泉から、もう一軒、わいた温泉ゆけむり茶屋(No.31)にやってきた。

P1090299

茶屋の前には謎のオブジェが・・・

P1090300

ん?クマモンじゃないよね?

お風呂は露天はない。落ち着いた感じの内湯だ。お湯はやや熱めなので、長くは入れなかった。

今回も人だらけである。ちょうど入るのが一緒になったおっさんがジロジロこっちを見てくる?そんな趣味ないぞ!と不快な気持ちになったが、よく見りゃ、さっきの芋煮鍋で茹っていたおっさんの一人だった。まあ、別に会話することもなかったが・・・

風呂に入っていると、さっきのおっさんが挙動不審だった。

疑問に感じていると、風呂桶からカメラを出した。

え?こんな人いるのに撮るの?しかもご丁寧に防水やし!

不快な気持ちになった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最後は、杖立温泉から、米屋別荘(No.32)である。

P1090301

P1090302

こっちの受付で入浴手続きをすると、

P1090303

向かいのお風呂にGO!

P1090304

殿の湯というお風呂に入るように言われたので、入った。

脱衣場とお風呂が同じフロアに?

これははじめての造りだ。しかもまた一人?

最高ですわ!

お風呂もなかなかいい感じだ。

源泉の温度はめっさ高温である。お湯も飲めるので、飲んでみた。

?ん?うまいぞ!?

今まで温泉は何回も飲んできたが、たいてい不味い。ほんのり塩味で非常に美味かった。

こうして、最後は最高の気分になることができた。

P1090305

鶏など飼っている。

P1090306

さ、帰ろう・・・

« 竹田ぶらり(その4:岡城跡) | トップページ | 九州温泉修行Ⅹ(菊鹿温泉、原鶴温泉、筑後川温泉) »

熊本県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 竹田ぶらり(その4:岡城跡) | トップページ | 九州温泉修行Ⅹ(菊鹿温泉、原鶴温泉、筑後川温泉) »