フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その4:上野東照宮) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その6:東京国立博物館Ⅱ) »

2012年5月28日 (月)

関東文化的探求の旅Ⅲ(その5:東京国立博物館Ⅰ)

トーハクこと東京国立博物館にやってきた。別に特別展を見ようというのではない。久しぶりに常設展を見たくなったのだ。

P1080779

明治5年に設立された日本最古の博物館である。そもそも本館自体が昭和初期の作品で、重要文化財である。

早速入ろう。

ん?ひょっとして写真撮影OKやったの?

知らなかったが、撮影禁止のマークがある作品以外はどうも写真を撮ってよいようだ。じゃあ、撮りましょう!

P1080780

まずは1階の彫刻に行ってみる。

P1080781

P1080783_3 

なかなか立派な仏像たちが出迎えてくれた。

P1080784

こりゃ、涅槃仏やね。

P1080785

仏像が終わると、今度は漆器のコーナーだ。ちなみにこの蒔絵の箱は国宝である。

P1080787

この螺鈿の箱は重要文化財。きれいなものだ。

P1080789

続いて、刀コーナーだ。

P1080791

国宝の短刀だ。めっさぴかぴかきれいだった。

P1080793

この太刀も国宝・・・

P1080795

これは重要文化財。

P1080797

ほんで、これは国宝・・・

国宝や重要文化財のオンパレードである。私には刀の魅力は分からないが、きれいということだけは分かった。

P1080799

続いて、焼き物コーナーだ。

P1080800

織部はいいなあ。。。

P1080803

黒田清輝特集をやっていた。

P1080801

おお、美術の教科書で見たことあるげ!

P1080802

P1080804

重要文化財の「湖畔」である。涼しげだ。

日本の西洋画もたまにはいいものだ。

1階の見学を終えた。さて、2階へ上がるか・・・

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その4:上野東照宮) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その6:東京国立博物館Ⅱ) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その4:上野東照宮) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その6:東京国立博物館Ⅱ) »