フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その5:東京国立博物館Ⅰ) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その7:東京国立博物館Ⅲ) »

2012年5月29日 (火)

関東文化的探求の旅Ⅲ(その6:東京国立博物館Ⅱ)

2階に上がってきた。まずは、古代のコーナーだ。

P1080806

縄文時代の火焔土器だ。実に力強い。

P1080807

埴輪のセットだ。鳥だかアルパカだか知らないが、謎の動物がいい味を出している。

平安から室町の仏教コーナーにやってきた。

P1080808

重要文化財の仏涅槃図だ。鎌倉時代の作品だそうだ。様々な動物たちが集まり、お釈迦さんの入滅を悲しんでいるのだが、どうにも楽しそうに見えてしまう。。。実に興味深い。

宮廷文化のコーナーにやってきた。

P1080810

お!国宝。。。

P1080812

延喜式である。

延喜式は律令の細則である、格式の一つで、平安時代に編纂された。これはその最古の写本で、平安時代のものだそうだ。延喜式といえば、神名帳が有名だ。これに載っている神社は式内社と呼ばれ、ちょっとしたステータスなのだ。

ちなみにこれは、他の用途で使われた紙の裏である。いわゆる紙背文書というやつだ。昔は紙が貴重品だったので、こういうことがよくあったそうだ。裏紙でも国宝でっせ!

P1080813_2

おお!青磁や!やっぱ青磁はきれいなあ。。。中国の龍泉窯のものだ。

P1080815

茶の湯の美術コーナーにて、仁阿弥道八の茶碗を発見した。渋いな。

続いて、武士のコーナーだ。

P1080817

徳川四天王の一人、榊原康政の具足だ。重要文化財である。甲冑の美しさよりも、着ていた人を知り、興奮した。

P1080819

国宝の鎌倉時代の太刀。

P1080821

国宝の拵え。実はさっきの太刀は、加藤清正が徳川家康に献じたものだそうで、家康は太刀に合わせて、この拵えを作らせたそうだ。どっちも国宝とは、さすが権現さまだ。

P1080823

このコーナーにはやたら外国の人がいた。やはり興味あるんでしょうな。。。

P1080825

屏風や襖のコーナーにやってきた。このでかいのは、与謝蕪村の「山野行楽図屏風」、重要文化財である。

P1080826

P1080827

P1080828

何やら楽しげな絵だ。

P1080829

狩野探幽の掛け軸があった。左から「漢武帝」、「西王母」、「林和靖」だ。漢の皇帝と仙人と北宋の詩人だ。

P1080832

尾形光琳の「竹梅図屏風」、重要文化財だ。一見派手だが、古さもあってか、なかなかいい味を出している。

P1080834

池大雅の「酔李白図」だ。まあ、酔っ払いのおっさんの図ですわ。

P1080836

伊藤若冲の「松樹・梅花・孤鶴図」だ。この人はいつ見ても、妙な鶴を描く。

P1080839

円山応挙の「郭子儀携小童図」だ。この人の絵は、いつみてもクソ真面目な印象を受ける。

P1080841

渡辺崋山の「牧牛図」だ。小童の表情が面白い。

P1080843

何だか、ミミズが這ったような、何ともいいようがない、書が屏風になっていた。

P1080844

良寛さんである。これって、上手いのかしら?書の世界は奥が深い。

浮世絵コーナーにやってきた。

P1080845

P1080847

有名どころが数点展示されていたが、北斎好きなので、とりあえず北斎の2点を押さえた。

P1080849

根付!

P1080850

こりゃ、印籠か!

こんな感じの展示があるが、これがこの博物館の全貌ではない。かなり端折って、紹介した。一応これにて、本館の見学は終わりである。

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その5:東京国立博物館Ⅰ) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その7:東京国立博物館Ⅲ) »

東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東文化的探求の旅Ⅲ(その5:東京国立博物館Ⅰ) | トップページ | 関東文化的探求の旅Ⅲ(その7:東京国立博物館Ⅲ) »