フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 沖縄で感じたこと(その3:首里城) | トップページ | 沖縄で感じたこと(その5:ひめゆりの塔) »

2012年4月 9日 (月)

沖縄で感じたこと(その4:旧海軍司令部壕)

2月16日。二日目である。ホテルの近くでレンタカーを借りた。

最初に訪れたのは、旧海軍司令部壕である。これは、太平洋戦争において、最前線が南西諸島まで押し上げられたことにより、重要な拠点である小禄飛行場を死守するため掘られた壕である。

海軍の司令部として使われたが、米軍の上陸により集中砲火を浴びた。弾薬もほとんどあらず、歩兵による突撃を繰り返し、玉砕した。悲惨である。

現在、壕内が一般公開され、周囲も含めて海軍壕公園として整備されている。

ほそ~い、道を走っていくと、視界が開けた。海軍壕公園だ。

P1080536

まず視界に慰霊塔が見えた。

P1080537

見学にはまずビジターセンターに行く必要がある。

P1080538

センター内の資料館を見学する。

P1080539

壕内で発見された武器、遺品などが展示されている。

P1080540

資料館で沖縄戦の壮絶さ、悲惨さを勉強した後は、壕内の見学になる。

P1080541

P1080542

この先から壕になる。異様な雰囲気が漂っている。

階段を降りていく。雨水が壁や床がびちゃびちゃだ。やがて、階段が終わり、トンネルが続いていた。

P1080543

こちらに行くと、信号室とやらがあるらしい。

P1080544

ここに通信機があったのであろう。大田司令官が自決前に残した、沖縄県民の献身的な奮闘を讃えた「沖縄県民斯ク戦ヘリ」の電報が有名だ。

P1080545

P1080546

P1080547

作戦室である。重要な部屋だったせいか、白漆喰で固められている。

P1080548

それにしても妙な湿気があり、気持ち悪い。

P1080549

幕僚室である。

P1080551

この穴ぼこは幕僚が手榴弾で自決した跡だそうだ。思わず、絶句する。

P1080552

こんな狭い通路を多くの兵士が行き交っていたのかなあと考えると、不思議な感じがする。

P1080553

P1080554

暗号室は何か秘密めいていた。

P1080555

医療室である。多くの負傷兵が収容されていたそうだが、どうみても何人も寝れそうなスペースはない。どうやって、寝かされていたのか?

P1080556

P1080557

下士官室である。最後は、ここに大勢の兵士が待機したため、立ったまま眠らなくてはいけなかったそうである。説明書きに当時の様子が描かれた絵があったが、信じられない光景であった。

P1080558

この先の出口から、多くの兵士が突撃していったそうだ。

P1080559

この先が司令官室である。

P1080561 

やはり司令官室は他とは違い、少し広く、白漆喰で壁が固められ、しっかりとした造りだ。ここで、大田司令官は自決されたんでしょうなあ。。。

こうして、見学を終え、地上に上がってきた。もし、自分が兵士として、最後の突撃をするとなったら、どういう気持ちで突撃するんだろうなんてことを考えていたら、かなりへこんだ。平和って素晴らしいですね。

« 沖縄で感じたこと(その3:首里城) | トップページ | 沖縄で感じたこと(その5:ひめゆりの塔) »

沖縄県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。