フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 沖縄で感じたこと(その9:波上宮) | トップページ | 九州温泉修行Ⅳ(七里田温泉、長湯温泉) »

2012年4月17日 (火)

九州温泉修行Ⅲ(宝田温泉、辰頭温泉、亀の甲温泉、不二の湯)

平成24年4月8日。温泉修行の第三弾をお送りする。

今回は熊本は泗水町付近の4つの温泉である。

一つ目は宝田温泉宝の湯(No.7)である。ナビどおりにいっていたら、住宅地に迷い込んだ。なんとか抜け出すと、川沿いに現れた。

P1090046

早速入る。

まずは薄茶色黄色い内風呂に入る。へぇえ・・・と浸かっていると、露天があることに気付いた。露天でもしばらく入ったが、何か落ち着かなかった。やはり地元民に囲まれているというのが、アウェーな感じなのか?泉質は炭酸水素塩泉で、ぬるぬる感がある。

宝田温泉を出ると、辰頭温泉(No.8)に行く。川沿いの道をまっすぐ行けば、すぐに着くのだ。

P1090047

中に入ると、受付でスタンプを押してもらうのだが、どこから来たか聞かれた。まあ、福岡なんですけどね。

早速、浴室にGo!

こちらも先ほどと同じく、炭酸水素塩泉で、若干ぬるぬる感がある。露天もある。浸かっていると、おっさんが落ちて、大水しぶきが上がったのが印象的だ。こちらも地元民憩いの場といった感じで、何とも居心地が悪かった。

結局、そそくさと出てきた。慌てて脱衣場を出たせいか、タオルを忘れ、一回出たのに、また受付のおばちゃんに断って、脱衣場に行く羽目になった。

なお、このとき既に湯疲れを起こしていた。

3箇所目は亀の甲温泉(No.9)である。

P1090048

中に入ると、おばちゃんにめっさ話しかけられた。

おばちゃん:今日、何箇所目?

私:3箇所目です。

おばちゃん:大変ねぇ。前来た人は、5箇所入ってきたよ。

そんな会話を交わしながら浴室に入る。

内湯は、、、小さい。露天風もあるがビニルハウスみたいになっている。しかも、やたら小さい風呂がそこにはあった。

よく見れば、亀っぽい。だから亀の甲温泉なのか?

こちらも炭酸水素塩泉で、ぬるぬる感あり。

泉質は今までいずれも良いのが分かるが、どれも地元民が憩いの場とする銭湯のような雰囲気があり、よそ者にとっては場違いな感じがする。

すっかり湯疲れした私は15分ほど浸かって、死にそうになりながら出てきた。

おばちゃん:あら?もういいの?

私:・・・疲れました。

おばちゃん:3箇所も入ればねぇ。。。このすぐ近くに富士の湯があるよ。入っていきなさい。

私:どうしようかなあ?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

不二の湯(No.10)は亀の甲温泉の向かいのようなところにある。

そもそも不二の湯は、九州不二コンクリート工業(株)という会社の敷地内に湧く、温泉である。

P1090049

かつてはまさにコンクリート工場の敷地内にある、衝撃的な温泉だったそうだが、今は少し外れたところにある。

元々は社員のために社長が掘った温泉だそうだ。

P1090050

中に入ると、自動改札がある。100円入れると、バーが動くようになり、中に入れるのだ。完全無人の温泉なのだ。スタンプはバーを抜けてすぐの台の上に置いてある。勝手に押せということだろう。。。すごいな。

あまりの衝撃的な光景にすっかりテンションが上がってしまった。

風呂は薄暗く、露天はない。最後ということでゆっくり浸かることができた。泉質はこれまでと同様、炭酸水素塩泉でぬるぬるする。

こうして、今回の修行報告を終える。

« 沖縄で感じたこと(その9:波上宮) | トップページ | 九州温泉修行Ⅳ(七里田温泉、長湯温泉) »

熊本県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。