フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 沖縄で感じたこと(その4:旧海軍司令部壕) | トップページ | 沖縄で感じたこと(その6:沖縄平和祈念公園) »

2012年4月10日 (火)

沖縄で感じたこと(その5:ひめゆりの塔)

目的地はひめゆりの塔。ナビの通りに走ったら、何故かサトウキビ畑に連れて行かれた。

Cocolog_oekaki_2012_04_10_20_13

どうやら図のように、ひめゆりの塔は用水路と林の向こうのようだ。うんこナビに憤りを覚えつつもどうにか大通りに戻ると、すんなり目的地に着いた。何をやっているのやら(;´Д`A ```

P1080562

ひめゆりの塔に向かう道中、小屋があり、献花用の花が売っていたので、買っていった。

ひめゆりの塔とは、学徒動員された沖縄県立第一高等女学校と沖縄師範学校女子部の生徒たちの慰霊碑である。それぞれの学校誌が「乙姫」と「白百合」であったことから、ひめゆり学徒隊と呼ばれるようになったそうである。

ひめゆり学徒隊は看護要員として従軍していたが、戦局が最悪になった状態で解散が命じられた。しかし、既に米軍が制圧しており、多くの生徒たちが犠牲となってしまったのだ。

最も被害の大きかった第三外科壕の上に立てられた慰霊碑がひめゆりの塔である。

P1080564

早速、献花し、冥福を祈る。

P1080565

あれ?この小さい碑が、ひめゆりの塔?

意外に小さかったので、びっくりした。

P1080566

この穴が第三外科壕である。

P1080567

この後は、ひめゆり平和祈念資料館を見学する。壕内の惨状などが紹介する展示物やビデオ上映がされている。第4展示室には、第三外科壕内から出口を見上げた様子が原寸大のジオラマで再現されており、迫力がある。また、第4展示室には、学徒隊犠牲者一人一人の遺影とプロフィールが紹介されている。まだ若くして亡くなった方々を思うと、あまりの悲惨さに目頭が熱くなる。かなりへこむが、現在の平和を実感し、今後の恒久的な平和を実現するためには必要なことだと思った。

« 沖縄で感じたこと(その4:旧海軍司令部壕) | トップページ | 沖縄で感じたこと(その6:沖縄平和祈念公園) »

沖縄県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。