フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 九州温泉修行Ⅳ(七里田温泉、長湯温泉) | トップページ | 九州温泉修行Ⅵ(人吉温泉) »

2012年4月26日 (木)

九州温泉修行Ⅴ(花立山温泉、甘木温泉)

平成24年4月21日。今回の温泉修行は福岡だ。

筑前町にある、花立山温泉(No.15)にやってきた。丘の上にどでかい施設が見えた。どうやら、それがそうらしい。。。

丘を少し上がったところにある駐車場に車を停めたが、温泉はもう少し上だ。

P1090135

やや?

P1090136

スロープカーで上まで上がれるらしい。

しかし、私はスロープカーを無視し、そのまま徒歩で上がった。

P1090137

どでかい施設だ。

中に入り、受付で料金を払おうとすると後払いとのことだった。しかも、800円という。想定外の料金体系にびっくりしたが、スタンプ帳を見せると、割引で600円になると言われた。

スタンプを押してもらうと、バーコード及び鍵付きのリストバンドを渡された。ロッカー番号が記されていた。つまり、その番号のロッカーを使えということだ。

P1090138

こちらが大浴場への入り口だ。この彫像は一体?

さて、いざお風呂に入る。

浴室に入って、びっくりした。かなり広い。ほんの少し硫黄臭がしたが、やがて消えた。

浴室には先ほど暖簾の前にあったローマ風彫像が立ち並んでいる。どうやらローマ風呂を再現したいらしいが、テルマエ・ロマエで怒られそうだ。

泉質は柔らかい印象がある。そして、ほんのりカ○キ臭。レジオネラは怖いからねぇ。。。

露天もあるが、これまたへんてこな造りであった。

この日は強風で、露天風呂には葉っぱがたくさん落ちていた。先に入っていたおっさんが丹念に葉っぱをとっていた。神経質なオヤジである。

あんまり温泉に入ったという気がしなかった。健康ランドの親方みたい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

続いてやってきたのは、朝倉市甘木にある、卑弥呼ロマンの湯(No.16)である。

P1090139

この温泉、朝倉市総合市民センターの中にある。

P1090140

他にも演劇や音楽会用のホール、生涯学習センター、図書館なんかがある。

さて、温泉に入ろう。

おっかなびっくり入ると、自販機が見えた。チケットを買おうとすると、故障中の張り紙があった。仕方ないの受付に行くと、自販機に買えという。。。

すぐに受付のおばちゃんが張り紙に気付いた。どうやら直ったが、張り紙を取り忘れたらしい。平謝りであった。料金は400円で同じだが、統計のために市外のほうを買う。

さて、浴室に行こう。

P1090143

温泉に行くには、右手に宴会場を見なければならない。宴会場は、風呂上りの人々の休憩所と化していた。

P1090142

トレーニング室の手前に浴室がある。

中に入ると、薄暗い照明で、なかなか雰囲気がある。

お湯は、少しぬるぬるする。泉質は結構良さそうだ。町中の日帰り入浴施設としては、結構いい感じなのではあるまいか?

こうして、ゆっくり浸かってほっこりしたところで、今回の修行を終えた。

« 九州温泉修行Ⅳ(七里田温泉、長湯温泉) | トップページ | 九州温泉修行Ⅵ(人吉温泉) »

福岡県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州温泉修行Ⅳ(七里田温泉、長湯温泉) | トップページ | 九州温泉修行Ⅵ(人吉温泉) »