フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 京都迷宮入りⅩ(その6:寂光院) | トップページ | 沖縄で感じたこと(その1:識名園) »

2012年3月27日 (火)

九州温泉修行Ⅱ(二日市温泉、大川温泉、久留米温泉)

九州八十八湯めぐりを3月から開始したが、今回は第2報である。今回も重箱の角をつつくように近場を攻めてみた。前回はこちら

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

平成24年3月11日。うっちょと二日市温泉の博多湯(No.4)に行ってきた。

P1090040

二日市温泉といえば、奈良時代から開かれた歴史ある温泉で、万葉集にもでてくるそうな。。。

博多湯は共同浴場になるが、何と幕末からあるそうだ。すげっ!

まだ、かなり寒いので、ゆっくり温まるとしよう。。。

玄関を入ると、いきなり受付のおばさまに、「今すぐは満員なので入れません!」と言われた。

うげっ!?と思っていると、順番になるまで2階の休憩室で休んでくださいとのことであった。番号札を受け取ると、2階へ上がる。

P1090042 

なかなかいいじゃないですか!

うっちょとだべっていると、番号が呼ばれた。

下に降りて、いよいよ浴場に入る。脱衣場から結構人がいた。

浴室に入ると、地階に下るような趣になっている。露天はない。早速、湯船に浸かる。う~ん、極楽じゃ。

ここは源泉掛け流しで、加水加温もしていないらしい。泉質は単純泉だが、ほんのり硫黄臭がし、温泉に来たという感じになる。ほんのりラドンも含んでいるそうだ。

湯船にゆっくり浸かった後、体を洗う。うっちょより早く洗ったので、再び湯に浸かる。かなりに温まり、若干湯疲れした。うっちょ、おせぇ~なあ・・・と思って、よくよく洗い場を見ると、うっちょと思っていた人影は見知らぬ、おっさんであった。慌てて、出ると、うっちょはすでに上がって、2階の休憩室にいた。

こうして、温泉を堪能したわけだが、この風呂はなかなかお薦めである。福岡に近いという面でもいい感じだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

平成24年3月17日。大川温泉貴肌美人緑の湯(No.5)にやってきた。ここは、家から比較的近いので、たまに来るのだが、今回も無性に行きたくなったので、スタンプゲットの機会でもあったので、やってきたのだ。

P1090043

大川と言っても、ほとんど大木町かという所にある。ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉というややこしい泉質であるが、特徴はその緑色である。何でもフルボ酸なるものが含まれるらしい。これは太古の植物などが分解される中で生成されるものらしく、大川温泉はいわゆるモール泉というやつになるのかな?

湯は少し、ぬるぬるしている。仕事帰りにちょいと行くには、いい温泉だ。露天もあり、ゆっくりできる。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

平成24年3月23日。久留米のあおき温泉(No.6)というところにやってきた。

P1090044

久留米とはいうものの、実は先ほど紹介した大川温泉から結構近い。車で数分だ。

早速中に入ると、いかにも地域のじじばばの寄り合い所のような雰囲気があった。奥にはカラオケ完備の宴会場もあった。

早速、風呂に入る。温泉というより銭湯の雰囲気がある。浴室に入ったとたん、ほんのり硫黄臭がしたが、すぐに鼻が麻痺したのか、分からなくなった。さっきの硫黄はどこに?と不思議な気分になった。湯は、かなりのぬるぬるである。露天もあるが、屋根があり、露天モドキといった感じだ。湯にゆっくり浸かっていた私だが、途中で入ってきたおっさんが、あまりに気持ちよかったのか、「ん~、んふ~、ふう~、あぁ~」と喘ぐので気持ち悪くなってでてしまった。なお、サウナもあり、温泉のスチームサウナかと思い覗いてみたら、普通のサウナでおっさんがすし詰め状態で陳列されていた。

泉質はかなり良いと見た。

これにて、今回の報告を終える。

« 京都迷宮入りⅩ(その6:寂光院) | トップページ | 沖縄で感じたこと(その1:識名園) »

福岡県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都迷宮入りⅩ(その6:寂光院) | トップページ | 沖縄で感じたこと(その1:識名園) »