フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 長府を歩く(その1:功山寺) | トップページ | 長府を歩く(その3:乃木神社) »

2012年3月 9日 (金)

長府を歩く(その2:長府毛利邸)

功山寺からちょいと歩くと、長府毛利邸がある。

P1080258

長府藩という支藩がかつてあった。その藩主である毛利家の邸宅で、十四代元敏公が明治36年に建てた。

明治天皇行幸の記念碑があるが、明治35年に熊本での陸軍演習を視察した際、滞在したそうである。

P1080259

表門である。

P1080260

ほな入りまひょ!

P1080261

P1080262

玄関である。ここから内部を見学できる。

P1080263

P1080264

明治36年ということと、きっちり管理されていることで、かなり新しさを感じる。

P1080265

P1080266

窓から庭が・・・。風流ですなあ。。。

P1080267

ほほお!ここに明治天皇がご宿泊されたのか!?

意外に狭い?

順路を追っていくと、外に出ることができる。

P1080269 

外から建物を見るのも、乙である。

P1080270

池があった。

P1080271

振り向くと、監督がスマートフォンを弄っていた。庭はお嫌いか?

P1080272

こっちの庭は入れない。

再び、中に入る。

P1080273

この階段は?

P1080274

上に上がると、毛利家の皆さんの写真やら何やらが展示されていた。

P1080275

P1080276

中庭である。

P1080277

こうして、長府毛利邸の見学を終えた。少し古い家ということで、寺マニアな我々にはテンションが上がる場面がなかった。

« 長府を歩く(その1:功山寺) | トップページ | 長府を歩く(その3:乃木神社) »

山口県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長府を歩く(その1:功山寺) | トップページ | 長府を歩く(その3:乃木神社) »