フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

訪問国

  • スリランカ民主社会主義共和国
  • ペルー共和国
  • カンボジア王国
  • フランス共和国
  • オランダ王国
  • オーストリア共和国
  • ハンガリー共和国
  • チェコ共和国
  • ドイツ連邦共和国
  • バチカン

伝説の旅ベスト5

  • 第五位:第一次九州遠征(2号線の旅)
    1999年3月に国道2号線を使って、神戸から北九州まで旅をした伝説。帰りはフェリーで松山に上陸し、四国を横断して帰ってきた。
  • 第四位:ハワイのんびり旅行
    2005年12月。ホノルルマラソンに出走。人生を変えた旅。
  • 第三位:英国旅行
    飯は不味いが、とにかくお洒落な街と大英博物館、ストーンヘンジ、カンタベリー最高!
  • 第二位:中欧旅行
    ベルリン、プラハ、ブタペスト、ウィーン、ヴェネチア、アムステルダムと6カ国の都市を主に列車で巡った。飯が美味かった。
  • 第一位:北部インドの旅
    2007年2月。とにかくカルチャーショックの連続だった。

« 長府を歩く(その2:長府毛利邸) | トップページ | 長府を歩く(その4:忌宮神社) »

2012年3月10日 (土)

長府を歩く(その3:乃木神社)

古江小路を歩く。

P1080278

途中には、菅家長屋門がある。

P1080279

毛利家の侍医だった菅家の長屋門だそうで、下関市の有形文化財だ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

乃木神社にやってきた。

P1080280

陸軍大将乃木希典を祀った乃木神社といえば、東京のものが有名だが、ここ長府にも存在する。なぜならば、ここ長府が生まれ故郷であるからである。乃木が幼少期を過ごした旧家を再建し、さらに神社を建立した。

乃木希典とは日露戦争の英雄で、旅順攻略が有名である。明治天皇が崩御された際、後を追って、自決したことでも有名である。

P1080281

P1080282

とりあえず、参拝っと!

P1080283

境内には、乃木夫妻の像が・・・

P1080285

こちらが旧乃木邸である。信じられないくらい小さい。乃木家は長府藩の藩士であるが、藩士の暮らしって、こんなんなん?

P1080286

乃木一家。右手前が幼少期の希典だ。

P1080287

土間、狭っ!

P1080284

旧乃木邸の向かいには、宝物館がある。

P1080289

ほほう!「拝観料はおもいより」ですな!?

P1080290

おもいよりを入れておいた。

中には、乃木希典縁の品々が展示されている。センサーで展示室の電気がつくというハイテクさだが、時間がたつと勝手に消える。

監督と二人、あーだーこーだ能書きをたれながら、鑑賞した。正直、あんま興味はなかったが・・・

P1080291

おお!203高地の松ですか!?

« 長府を歩く(その2:長府毛利邸) | トップページ | 長府を歩く(その4:忌宮神社) »

山口県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長府を歩く(その2:長府毛利邸) | トップページ | 長府を歩く(その4:忌宮神社) »